30秒でできる最速一汁!?汗をかく夏に飲みたい「くずし梅と塩昆布のお吸い物」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

暑い夏は台所に立つだけでも大変ですよね。できるだけ火は使いたくないものですが、やはり「汁物」がひとつあると、献立の満足感がぐっと増します。

今日は、お味噌汁よりも手軽に、朝思い立った瞬間に作れる簡単お吸い物レシピをご紹介します。

梅×昆布のセルフケアポイント

梅干しと塩昆布

食欲が落ちがちな時期は、自然とさっぱり味を好むもの。そんな夏の「さっぱり」代表と言えば、梅干しですよね。梅やミネラルや塩分が豊富なだけでなく、薬膳ではその酸っぱさが夏におすすめな理由。

「酸味」にはきゅっと体を引き締める効果があります。酸っぱいものを食べると自然と口がすぼまったりしますよね。この力で、過剰な汗の出過ぎを防いでくれるんです。

そして昆布には、夏の体のこもった熱をとり、余分なものを流す力が。腫れ物やむくみ、便秘解消などにもおすすめです。

30秒でできる最速一汁!?汗をかく夏に飲みたい「くずし梅と塩昆布のお吸い物」

インスタント並みに簡単!?汗の多い夏に「くずし梅と塩昆布のお吸い物」

 

材料(1杯分)

 

  • 梅干し 1個
  • 塩昆布 5g
  • お湯 150ml
  • 絹豆腐 1/5丁(約50g)

 

作り方

 

インスタント並みに簡単!?汗の多い夏に「くずし梅と塩昆布のお吸い物」

1) お椀にスプーンですくった絹豆腐、梅と塩昆布を入れ、食べる直前にお湯を注ぐ。梅干しを崩しながら飲む。

インスタント並みに簡単!?汗の多い夏に「くずし梅と塩昆布のお吸い物」

ポイント

  • 塩昆布の旨みで出汁は必要ありません。熱いお湯を注いでください
  • 豆腐のほかにも、山芋、ねぎなどを入れてもおいしいですよ

いかがでしたか?お味噌汁を作る気力がない…!そんなときにもぜひお試しくださいね。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen/

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング