フライパンで完成!焼き時間3分「とろけるチーズのサルサホットサンド」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回の記事(おかかクリチのごまおにぎり)はいかがでしたか?おにぎりのバリエーションにマンネリしている方もぜひお試しくださいね。

今回は、秋の体におすすめ食材をつかったホットサンドをご紹介します。

薬膳的セルフケアポイント

秋のおすすめ食材:チーズ

チーズには、以下のような効能があります。

  • 肺を乾燥から守る
  • 体を潤わせる
  • 腸のすべりをよくする

秋は1年の中でも空気の乾燥がはじまる時期。冬も乾燥していますが、湿気がたくさんの梅雨や夏を過ごしてきた体にとって、最も乾燥の影響を受けやすいのが「秋」です。

そんな時期におすすめしたいのが白い食材牛乳、白ごま、豆腐 など…白いものは乾燥から体を守り、保湿するものが多いとされています。

チーズもそんな食材のひとつです。チーズや牛乳などの乳製品は、コップを返すと膜をはるように。ごまやナッツなど種子のものは油を多く含むように。体の内側から、乾燥から守ってくれる食材が多いのです。

温かく食べる:サンドイッチよりもホットサンド

先日、9/23に秋分の日を迎えました。秋は、夏→冬へと移行する季節なので気温の変化も激しい時期。今までは、残暑を感じる暑い日もちらほらとあったかと思いますが、秋分の日を境に気温も徐々に低下をしていきます。

寒くなり始めた時におすすめなのが「食べ方も温かくする」ということ。飲み物やスープを温かくしてみる。生のサラダより野菜を蒸してみる。など、温かな食べ方を選ぶのも、これからの季節おすすめです。

今回は朝の定番サンドイッチも焼いて、おいしいホットサンドでいただきます。お店で食べるもの、特別な道具が必要、そんなイメージもあるかもしれませんが、今回のレシピはフライパン一つでとっても簡単!市販のソースをアレンジするので焼き時間はわずか3分です。

フライパンで完成!焼き時間3分「とろけるチーズのサルサホットサンド」

材料(1人分)

  • 食パン(8枚切り) 2枚
  • スライスチーズ 2枚
  • アボカド 1/2個
  • (A)市販のミートソース 40g
  • (A)大豆(水煮缶) 30g
  • (A)ケチャップ 大さじ1/2
  • (A)タバスコ 3ふり(お好みで)
  • ≪パンを密着させる糊≫
  • 薄力粉 小さじ、水 小さじ2/3

作り方

  1. アボカドは皮をむいて種をとり、5ミリ幅でスライスする。(A)を合わせる。薄力粉と水を合わせ、糊を作っておく。
  2. 片方のパンにスライスチーズを2枚重ねてのせる。チーズの上に(A)、アボカドを少しずらしながら斜めに並べる。このとき、淵に最後糊を塗るので具はチーズの上におさまるようにする。
    ※切ったときアボカドの断面がでるように、アボカドを置いた向きを覚えておいてください
  3. パンの淵に糊をぬり、上からもう一枚のパンを重ね、手のひらで全体を軽く押してなじませる。淵をぎゅっと抑えてくっつける。
  4. フライパンを熱し、フライ返しで淵をところどころ抑えながら、強めの中火で2分→返して1分焼き色がつくまで焼く。アボカドを置いた向きに沿って半分に切り皿にのせる。

ポイント

  • 糊はサラサラすぎるとNG。粘度を感じるかたさに作ってください
  • 具を置くとき、切るときにはアボカドの断面を意識してみてください
  • ミートソースアレンジのタコミートは、ごはんにかけてレタスやコーンチップスを添えても◎

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram: @nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング