BLOG

朝読書に美しい詩を!透明感あふれる岸田衿子さんの本、オススメ2冊

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、詩人・童話作家の岸田衿子さんの詩集を2冊

朝、まっさらな心で読みたい美しい詩集です。本をそっと開けば、やわらかな詩の言葉に一日が色づいていくようです。素敵な詩集、私の大事な2冊です。

清らかな息吹が宿る。

「白い花に埋まった/高原にやってくると/地球のまるみに きがつく」(「移る季節」より)。

岸田衿子さんの作品から51篇を厳選した詩集です。一年のほとんどを北軽井沢の山荘で暮らした岸田さん。山の上の自然から生まれた言葉に、風や光や花の清々しい息吹が宿ります。

この詩集の「朝時間」は、「たいせつな一日」の最初の一節を。「出さなかったハガキが/気になる日には/ハガキよりも もっと遠くへ/出かけてみよう」

言葉はすうっと胸にしみていく。明るい朝の光のなかで、自由にイメージを羽ばたかせて。鳥や雲やちょうちょといっしょに楽しんで。


たいせつな一日 岸田衿子詩集
著者:岸田衿子/画家:古矢一穂/選著:水内喜久雄
出版社:理論社

愛するものをつづる喜び。

岸田衿子さんの代表作。画家・安野光雅さんの遊び心あふれる絵に四行詩が踊ります。

小鳥や貝殻や水たまりのこと。自然が生んだ美しいもののなかでも、著者がとりわけ愛おしく感じたものたちがつづられています。人間のつくった素敵なもの、楽器や絵の具や風船も……。

『ソナチネの木』の「朝時間」は、「この季節は あかるすぎて」より。「この季節は あかるすぎて/文字が読めないから/水の底の小石の数を かぞえよう/えのころ草の穂をしらべよう」

※『たいせつな一日』には、『ソナチネの木』の詩の一部も収録されています。


ソナチネの木
著者:岸田衿子/絵:安野光雅
出版社:青土社

くわしくはこちらの記事をどうぞ。
『たいせつな一日』
『ソナチネの木』

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング