短い時間で仕上がりキレイ!朝の「時短メイク術」3つ

 

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

メイクやヘアスタイリングなど、女性にとっては身支度だけでも慌ただしい朝。少しでも時間を短縮して、余裕を持って出かけたいですよね。

今回は時間を短縮しつつ、きちんと仕上がるメイク術をご紹介致します。

【1】眉毛は「ティント」で仕込む!

眉毛ティント

メイクレッスンをしていると、眉毛メイクに時間がかかる方が多いのを感じます。眉毛メイクの時間を短縮する一番の方法は、なりたい形に眉毛ティントを仕込んでおくこと。眉毛が薄い部分や普段しっかり描いている部分に眉毛ティントを塗り、時間を置いてから拭き取ります。

眉毛ティント

塗った場所が染まり、1週間程度色がもつので、眉毛を描く時間を大幅に短縮できます。

写真の「MAYU LINE」なら、濃淡2色を2本組み合わせて使えば、よりナチュラルな眉毛メイクが可能。美眉成分配合で肌にも優しい、おすすめの眉毛ティントです。

【2】シミ・クマ・赤みは「コンシーラー1本」でカバー

コンシーラー
シミにはこれ、くまにはこれ、目の周りはハイライトクリームで明るくして…。肌の色調を整えるため、ベースメイクにも時間をかけている方も多いですよね。

私も以前はそうでしたが、今はコンシーラーのみで全てをカバーしています。

私が使っているこの「the SAEM カバーパーフェクション チップコンシーラー」は、柔かくて伸びが良く、目の周りに使ってもシワが目立ちません。濃いシミやクマ、赤みもしっかりカバーしてくれるので、気になる肌悩みをメイクで解消するのにおすすめです。

チップで肌につけたら、指先でなじませるだけ。ベースメイクの時短に役立ちます。

【3】「チークとリップは同じもの」を使う!

チークとリップ
チークにもリップにもなるコスメがあれば、朝のメイク時間を短縮するのに役立ちます。そういった2in1コスメは、クリームタイプやペンシルタイプが主流。

クリームタイプの場合、中指、薬指、小指に取ったら中指と薬指で頬になじませます。その後に小指に残った分を唇になじませればチーク&リップメイクが完成。

ペンシルタイプの場合は、頬に丸を描いた後に唇に伸ばします。最後に頬の丸を指先でぼかしたら完成。チークとリップは同じものを使うと、カラーに統一感が出てキレイです。

時間がかかりがちな眉毛はティントを仕込み、ベースメイクでは便利なコンシーラーを使う。そしてチークとリップは同じものでメイク。これだけでも、朝のメイク時間が大幅に短縮可能です。

短い時間でもキレイにしっかりメイクしたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング