乾燥や洗いすぎはNG!暑い夏の「間違ったスキンケア」3つ

 

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

気温が高い日が多くなり、いよいよ夏らしさを感じる季節になりました。汗や皮脂が気になる夏は、洗顔には気をつけてても、保湿ケアがおざなりになりがち。また、よかれと思ってしているケアで、肌を必要以上に乾燥させている場合も…。

今回は、夏の間違いスキンケアについてお話しいたします。

【1】スプレー化粧水に注意!

手軽に保湿ができるアイテムとして「スプレー化粧水」を使っている方も多いかと思います。

ただ、水分だけを肌にスプレーしても、その水分が蒸発する時に肌の水分まで奪われてしまうことも。特にファンデーションを付けた後は、パウダーの水分吸着力により、肌が乾燥しやすくなります。汗や皮脂崩れを防止する夏用のファンデーションの場合は注意が必要です。

オイルが含まれているスプレー化粧水を使うなどして、肌から水分が奪われないように気を付けましょう。

【2】スクラブ洗顔料の日常使いはNG

洗顔する女性

夏になると、皮脂や余分な角質で肌がざらつきやすくなります。しかし、それを解消するためにスクラブ洗顔料を日常使いするのはNGです。スクラブによる刺激で肌を傷め、余分な角質どころか肌に必要な皮脂まで取り除かれてしまいます。

スクラブ洗顔料は極力肌に負担をかけない、粒子が細かいものを選びましょう。また、日常使いは避けて週に一度程度のスペシャルケアとして使うようにしましょう。

【3】水分のみのスキンケアは危険

スキンケアする女性

夏は化粧水のみ、というスキンケアは絶対にやめましょう。肌は水分と油分のバランスを保つ必要があり、水分だけでは肌の潤いはキープできません。油分はいらないように感じる夏も、水分の後には油分でふたをする基本のケアが大切なのです。

皮脂の少ない目の周り、口の周りは特に油分の補給が必要。逆に皮脂の多い小鼻周りなどは、油分は少なめで大丈夫。スキンケアの最後に指に余ったのをさっとなじませる程度でよいでしょう。

***

夏のスキンケアで気を付けたいことは、洗い過ぎない、刺激を与えない、水分だけでなく油分も与える。そして、スキンケアの最後にはしっかりと日焼け止めを塗り、紫外線ダメージからもしっかりと肌を守りましょう。

☆この連載は<火曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング