カンタン作り置き!香ばしくて濃厚な「えのきベーコンのふりかけ」弁当

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当!第75回目は「えのきベーコンのふりかけ弁当」をご紹介します。

青菜等の野菜が、最近とても高いですよね。価格が安定しているのは、きのこ類。ふりかけもうまみたっぷりの「えのき」で。是非作ってみてください。

えのきとベーコンのうまみで、調味料やバターはほんの少し。でも、とっても香ばしく濃厚なふりかけです!

コツは、水分をとばすようにしっかり炒め焼きすることだけ。何もない時の朝ごはんにも大活躍です!とても簡単ですのでお試しくださいね。

簡単!「えのきベーコンのふりかけ」弁当

ふりかけ

(材料)作りやすい分量

  • えのき 1袋(100g)
  • 薄切りベーコン 30g
  • バター 小さじ1/2  ※使用量が少量なので、香のためにバターを使っています。冬場等、冷めてバターの成分が白く固まるのが気になる場合は、ごく少量の油で。
  • しょうゆ 小さじ1

(作り方)

1) えのきは石づきを切り落としてほぐし、2cm幅に切る。ベーコンは1cm角に切る。

2) フライパンに(1)とバターを入れて、強めの中火にかけて炒める。

レシピ1

3) えのきから水分がでてしんなりとしてくるまで、よく炒める。

レシピ2

4) しょうゆを回し入れて、水分を炒りとばして火をとめる。※フライパンに入れたまま粗熱をとると、余熱でさらに水分がぬける。

レシピ3

※冷蔵保存 約3日。

******

こちらは先日、娘のお弁当に何気なくえのきベーコンを入れたら、メインのお肉でも卵焼きでもなく、「えのきとベーコンの最高!」と、1番喜んでいたので(笑)。我が家の常備菜に仲間入りしました。

この4倍量で作っても、朝ごはんや晩ごはんに食べたり、最後は焼きめしにしたり・・・。あっという間になくなります。

こちらは、娘弁当のついでに同じおかずで作った自分弁当。えのきベーコンのふりかけごはん、ささみとれんこんの甘酢野菜添え、大学かぼちゃ。

お弁当
かぼちゃとえのきベーコンは作り置き。朝はフライパンひとつ料理で、ささみと野菜を甘酢に。いつもお伝えしていますが、作り置きに向いているものと、朝作る方が美味しいものを組み合わせると、楽で確実に美味しいです^^

また、最近本当に野菜が高いですよね。特に緑の葉物等が高いので、彩りは庭の葉で。

もみじ
もみじや南天等の葉は、切ってしっかり洗って、湿らせたキッチンペーパーを入れた密閉容器に入れて野菜室にいれておきます。

1週間はきれいな状態で使えますので、とても便利。和弁当によく使います。

寒くなってきましたね。簡単おかずで。今週もお弁当作りを楽しんでくださいね。


↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

このお弁当レシピを忘れずに保存しておきたい!そんなあなたは「お気に入りクリップ」機能が使えてベンリなiPhoneアプリをダウンロード♪http://apple.co/1pWvasG

「朝時間.jp」iPhoneアプリをダウンロード >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしお弁当の作り方&レシピ
Written by

かめ代(亀山泰子)

料理研究家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。現在は、WEBや雑誌の連載、企業へのレシピ提供等多方面で活動中。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」(イカロス出版)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)他。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング