脂肪をためない!夏の「冷え太り」を招くNG習慣と解消法

冷えは万病のもと」という言葉通り、女性にとって「冷え」は、一年を通して悩みのタネですよね。冬に末端冷え性を自覚する人は多いですが、最近では、夏でもからだの「冷え」に悩まされている人が続出中です!

設定温度の低いクーラーも、夏の冷えをもたらす大きな原因の1つですが、実は、私たちの生活習慣が及ぼす影響も大きいのです。しかも、夏の冷えは「冷え太り」を引き起こすので、放っておけません!

今回は、夏に陥りやすい「冷え太り」を招くNG習慣とその解消法についてご紹介したいと思います。

「冷え太り」って何?!

ウェスト贅肉_江口_20160115_Fotolia_86478674_Subscription_Monthly_M

私たちは、段、何もしなくても体内でエネルギーを消費しています。それを「基礎代謝」と呼んでいますが、夏は、冬に比べて基礎代謝が悪くなっています

冬の間は気温が低いため、エネルギーを積極的に燃やしてからだを温めようと働きますが、夏は気温が高くからだも温まっているので、冬のような代謝を必要としていません。

そのために、夏の間は代謝が悪くなり、食事で摂った栄養がエネルギーに変わらず体内に蓄積して脂肪となります。そして、代謝が悪いためにからだの熱を放出しにくくなり、「冷え」を感じやすくなるのです。この「冷え」て「脂肪がつきやすくなる」状態が「冷え太り」です。

自律神経の乱れにも注意!

長時間クーラーが効いた室内にいることで、汗をかく機能が衰え、体温調節がうまくできなくなったり、外気と室内の気温差が10度以上という激しい環境に身を置くことで、私たちの自律神経もバランスが崩れやすくなっています。

自律神経が乱れると、食欲不振や疲労感、頭痛などさまざまな不調をもたらすだけでなく、からだの「冷え」にも拍車をかけてしまうのです。

からだが冷えて、体温が1℃下がるだけで、基礎代謝は10%以上悪くなります。つまり、それだけ太りやすくなってしまうので注意が必要です!

冷え太り解消のためのNG習慣と解消法!

夏の冷え太りに陥りやすいNG習慣を改善するだけで、代謝アップと冷えの解消に役立ちます!次の6項目をチェックしてみてください。

1) 冷たい飲み物や食べ物をよく食べる。
2) 毎日シャワーで済ませることが多い。
3) 肌が露出する服や薄着でいることが多い。
4) エアコンが効いた場所に長時間いる。
5) 食事はパンや麺類などで簡単に済ませることが多い。
6) 日常的に運動不足だと思う。

当てはまる項目はいくつありましたか?

数が多いほど、危険度は大!冷え太り解消のためには、この6項目を改善するのがポイントです。例えば、次のような解消法を意識して、生活してみてください。

【解消法:その1】クーラーの冷風からカラダをガード

 

オフィスや通勤電車、カフェなど、クーラーがしっかりきいているところに長時間いると、どうしても体が冷えてしまいます。

直接エアコンの冷風がからだに当たらないように、上着をはおって気温差を軽減させましょう。旅行先など、上着はかさばるという場合は、薄手のストールなどを常にバッグに忍ばせておくのがおすすめ◎

【解消法:その2】内蔵を冷やす食べ物を避ける

冷たいお茶、ビール、コーヒー、ジュースなどは、内臓を冷やしてしまいます。

暑い時、喉が渇いた時には、どうしても冷たい飲み物が欲しくなりますが、冷えが気になるときは、なるべく体をあたためる飲み物をとって、内臓をできるだけ冷やさないよう心がけましょう。

温かい紅茶やほうじ茶、お酒なら、日本酒や赤ワインが、体を冷やしにくいと言われています。しょうが紅茶もおすすめ!

【解消法:その3】お風呂でからだをあたためる

夜は、シャワーでなくぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう!また、お風呂のあとは、ストレッチなど軽い運動を習慣にするなど、常に基礎代謝を上げるように心掛けることが重要です。

お風呂あがりも、冷たい飲み物ではなく、常温の水やお茶などで、体を冷やさないように水分補給するようにしてみて。

【解消法:その4】動物性たんぱく質をしっかり摂る

夏に食べやすい麺類などの炭水化物ばかりを摂っていると、ビタミンやミネラル、たんぱく質が不足してしまい、水太りを引き起こす原因にもなってしまいます。

基礎代謝のアップに不可欠な、肉、魚、たまごや乳製品などの動物性たんぱく質も積極的に摂るように意識してください!

【解消法:その5】ぐっすり眠る

自律神経を整えて「冷え」を防ぐために、質の良い睡眠を摂ることも大事なポイント。

睡眠中にクーラーを効かせすぎると、冷えを促進してしまうので、冷感効果のあるシーツや枕カバーを使ったり、扇風機でお部屋の風をまわすなどの工夫で、快眠環境を整えるようにしてみてください。

【解消法:その6】ストレスを貯めこまない

 

ストレスを抱えると、からだは冷えやすくなることが分かっています。ストレスをため込まずにマメに解消することも大切!オフィスではゆっくり深呼吸したり、デスクで座ったままできるストレッチを取り入れてみてください。

ストレスを解消してくれる効果のある「カカオポリフェノール」を含んだチョコレートをデスクやバッグに忍ばせておいたり、リラックス効果のあるアロマオイルの香りを吸いこんだりするのもおすすめですよ。

ダイエット成功_江口_20160428_Fotolia_86551942_Subscription_Monthly_M

いかがでしたか?

毎日のちょっとした習慣で「冷え太り」を撃退しましょう!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターのビューティー習慣

食事、生活習慣が変わる!美肌食マイスターが教えるビューティー習慣
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング