実はキレイの宝庫だった!節分の「福豆」にある美容効果とは?

2月3日は節分ですね!子供の頃は、節分になると鬼のお面を被った家族に豆を投げた記憶がありますが、大人になるとだんだん縁遠くなりませんか?

節分」とは毎年立春を迎える日の前日にあたり、冬から春へと季節が変わる“新しい1年のはじまり”という意味合いがあります。豆を炒ることで「魔の目を射る」に通じるとされ、豆まきには炒り豆である「福豆」が使われるようになったとか。

実はこの「福豆」、豆まきの後に年の数だけ食べることで「福」をからだに取りこむという縁起担ぎにつながっているわけですが、実際に美容と健康にとっても優れた効果を発揮してくれる「キレイの宝庫」なのです!

今回は、豆まきだけで終わらせたらもったいない「福豆」のスゴイ効果と美肌おやつをご紹介したいと思います♪

大豆ってスゴイ!世界が認める健康食

大豆の写真

大豆といえば、世界が認めるジャパニーズスーパーフードの「納豆」も「味噌」も大豆が原料の発酵食品。同じ大豆の加工品である豆乳も豆腐も、今や世界中で注目されているヘルシーな日本食の定番ですよね!

アメリカ国立がん研究所が発表している“デザイナーフーズ(がん予防に効果がある食べ物)”の中でも、大豆は最も効果があるとされている食品の1つ。

日本の厚生労働省が掲げる「健康日本21」(平成25年度から10年間を目標とした、国民の健康づくりに関する運動)でも、1日あたり100g以上の大豆(大豆製品を含む)を摂ることが推奨されています!

見直したい!大豆の栄養と効果

納豆女子_20161124_江口_Fotolia_110957504_Subscription_Monthly_M

言わずと知れた女性ホルモンに似た働きの「イソフラボン」といえば、大豆に含まれるポリフェノールの一種。強い抗酸化力を持ちイライラやストレスの解消効果生理痛を軽くする効果がある女性の味方!

良質のたんぱく質がたっぷり含まれ、美肌に効果的なビタミンB群とビタミンE細胞の新陳代謝を促すレシチンコレステロールを減らしホルモンバランスを調整してくれるグリシニン免疫力を高めて有害な菌の繁殖を抑えるレクチンなどなど・・・。

挙げていけばきりがないほど、私たちの美容と健康に恩恵を与えてくれる栄養がたくさんあるのです♪

3分でできる!福豆の美肌おやつ「メープルココ大豆」

豆まきのあと残ってしまいがちな「福豆」ですが、その中には大豆の栄養がギュっと詰まっているので捨てないで!

そのままポリポリ食べるだけでは何とも味気ないただの炒り大豆ですが、実は色々な料理に使えるのです。

私がおすすめしたいのは、3分でできる美味しくて美容にも嬉しい美肌おやつメープルココ大豆」♪作り方をご紹介しますね。

簡単!「メープルココ大豆」の作り方

IMG_5148

材料

  • 福豆:50gくらい
  • メープルシロップ:大さじ2
  • 醤油:少々
  • ココナッツオイル:大さじ1

作り方

1) 小鍋(かフライパン)でココナッツオイルを温める。

2) メープルシロップと醤油を少々(お好みで)加え、弱火で煮たてる。

3) 豆を入れ、焦げないようにかき混ぜながら水分を飛ばす。汁気がなくなったら完成。

メープルシロップの優しい甘さと醤油の香ばしさ、ココナッツのほのかな香りがカリカリの大豆と絡んでクセになる味わいです。豆まきの残りだけでは足りず、これを作るために新たに福豆を買ってしまうかも!?

メープルシロップを使わず、水+はちみつ、水+きび砂糖カレー粉+塩胡椒など、アレンジ次第で色々楽しめます♪


最近豆まきはご無沙汰だったという方も、今年の節分はぜひ豆まきにトライ!余った福豆は残さず食べて、大豆の恩恵をたっぷりいただいちゃいましょう♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

美肌食マイスターのビューティー習慣

食事、生活習慣が変わる!美肌食マイスターが教えるビューティー習慣
Written by

宮内美苗(編集部)

美肌食マイスター。
今日の食事が未来の美肌を作る!をモットーに、高い美容費をかけなくても女性がキレイでいられるサポーター的存在でありたいと願い日々活動中。ダイエットアドバイザー、ジュニア野菜ソムリエの資格を併せ持ち、カラダの内側からのスキンケア、食べてキレイになれる情報を発信しています。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング