『3つの朝習慣』で食べても太らないカラダへ!|朝の呼吸とダイエット Vol.44

GW056_72Aおはようございます、ダイエット・ボディメイクトレーナー の柳沢とも子です。

「運動する時間がない」、「ついつい食べ過ぎてしまう」、「年齢的に代謝が下がって……」など、痩せにくくなってしまう理由は皆さんそれぞれ。

私はボディ・メイクを指導していますが、私の運動習慣といったら、週1の60分ピラティスとたまに通勤時間を使って1駅歩く程度。“運動する時間” って、なかなかとれないものですよね。

そこで今日は、『食べても太りにくいカラダをつくる朝習慣』をお伝えします!

この3つの朝習慣は、私も毎日とりいれていますよ。簡単なのでみなさんにもオススメ!まずはできることからはじめていきましょう。

食べても太らないリズムをつくる3つの朝習慣

1) 太陽と空と深呼吸

十分な睡眠で朝のストレッチが気持ちいい♪
十分な睡眠で朝のストレッチが気持ちいい♪

朝はカーテンを開けて陽の光りを見上げ、太陽や空に向かって深呼吸します。すると自律神経の交感神経へのスイッチが起動し、活動的なカラダへと整いアクティブな1日のリズムがはじまります。写真のように背すじを伸ばしながら深呼吸すると上手にできますよ♪

2) 常温の水、または白湯を飲む

GW048_72A

朝に水や白湯を飲むということはみなさんもうご存知ですよね。そして実践している方も多いと思います。通常時より、朝の空腹時に飲む白湯の方が、得られる効果が多いのです。

就寝中に体は、細胞の修復、排泄の準備、解毒のための細胞の掃除などを行ってくれています。起床後にそれらの働きを促してあげるには、水分が必要です。廻りのいいいい1日のためには、通常時より起床後に飲むコップ1杯のお水の方がキレイのために必要なんです。

3) 体重計に乗る

GW067_72A

『気づいたときにはもう愕然!』『こんなはずだったけ?』なんて、自分の体重でビックリしたことはありませんか?

もし体重が増えたらどうして増えたのか意識するし、体重が減っていたら、朝からちょっとパッピーな気持ちになれ、1日のモチベーションもアップします。

また、朝に体重をチェックすると、おやつやコンビニのついで買いの誘惑に、けっこう勝てます!(笑)


今日から早速、日常生活の中でちょっとずつできる、太りにくくなる朝習慣をとりいれてみてくださいね♪

今週もあなたの1週間が素敵な毎日♡でありますように 柳沢とも子

※撮影協力:
ダイエット・姿勢改善で美しく アライン ピラティス&ウェルネス (代々木八幡)

この記事を書いた人
Nice to meet you!

ピラティストレーナーTOMOKOの「朝のポジティブ・ボディーメイク♪」

あなたの一番キレイを引き出す♪朝のダイエット&ボディーメイク
Written by

TOMOKO

ピラティストレーナー、骨盤美容家。交通事故によるリハビリ、治療中にピラティスを知る。その後OLを経て起業し2005年ピラティス専門スタジオを設立。姿勢や体質改善の見識の高さから、産婦人科での指導や、雑誌や書籍、冷えとりウエアの監修など、多方面で活躍中。

◆アライントモコピラティス:http://align.jp

◆Ameba公式ブログ:http://ameblo.jp/tomoko-align

◆Instagram:@tomolovepilates

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング