やわらかしっとり!作り置きもできる「梅ごまひじきのお弁当」

 

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第40回目は「梅ごまひじきのお弁当」をご紹介します。

ひじきを、作りやすい調味料と梅干しだけで調理します。ごま油といりごまの香りと食感もアクセントに。

作るときのコツは以下の2つ。

  1. 水で戻したひじきは、調味料を入れる前に、しっかり油で炒める。
  2. 調味料を入れたら、しっかり炒り飛ばして水分をとばす。

美味しい作り置き。一度にたっぷりつくって冷蔵保存5日可能です。そのままでも、アレンジもしやすくとても使いやすいですよ。

梅ごまひじき のお弁当

梅ひじき

(材料)作りやすい分量

・ひじき(乾) 30g
・ごま油 大さじ1
・いりごま(白) 大さじ2

(A)
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・梅(たたいたもの) 大さじ2
・砂糖 大さじ1

(作り方)

① ひじきはたっぷりの水に30分程度浸してもどし、洗って水気をしっかりきる(急ぐ時は湯でもどしてもよい)。

② フライパンにごま油を入れて強火で熱し、①を炒める。

ひじきレシピ1

③ ②に(A)を入れて炒める。

ひじきレシピ2

④ しっかり水気を炒りとばし、いりごまを全体に混ぜる。

ひじきレシピ3
※冷蔵保存5日可能。

*****

やわらかい梅ごまひじきは、ごはんのおともにぴったり。そのままでも、もちろん美味しいですし、肉巻の具にしたり、ハンバーグに混ぜこんだり。

パスタや焼きめしの具にしたり、丼もののトッピングにしたりと、お弁当だけでなく、様々なものに使えますので、たっぷり作り置きしてくださいね。

こちらは、娘弁当。梅ごまひじきは卵焼きに。卵1個に対してたっぷり大さじ3程度入れてもきれいにまとまります。

a3c

あとは、にんじんのカレー風味のキンピラ。以前ご紹介した、ブロッコリーのチーズ炒め豚のしょうが焼き。雑穀ごはん。

ひじきや野菜は作り置きしているので楽ですよ!

今週も、お弁当作りを楽しんでくださいね。

 

↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

料理家 かめ代。

料理家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他多数。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング