メリーポピンズのパンケーキ☆飲食店で英会話

 

おはようございます。

先日の1cm弱の積雪事件のあたりから
(※坂の多いシアトルでは積雪はちょっとした事件なのです)
『雨のシアトル』にふさわしくなく晴れの日が続いています。

とはいえ気温は0度前後なので
外に出るととっても寒い×﹏×

寒くても太陽が出ているだけで嬉しいシアトル民は
カフェでもバーでも「日なた」があれば『外が好き♡

今朝も近所のパン屋さんでパンとコーヒーを買って
公園で食べている人の多いこと、多いこと・・・

さすがに雪国育ちの私でもアメリカ基準にはついていけず・・・
今日は“イートイン”で、暖かい店内からこの記事を書いてます♪

日本では「お持ち帰りが可能な飲食店」では
店内で食事をすることを「イートイン」
お持ち帰りすることを「テイクアウト」と言いますが

アメリカでそういう飲食店に入るとまず
For here or to go?(ここで食べる?それとも持ち帰り?)」と聞かれます。

店内で食事すること=「for here
お持ち帰りすること=「to go
どちらか選んで語尾に , please. を付けるのが一般的。

今朝は、昨日映画で観た「Saving Mr.Banks
ウォルト・ディズニーからの手紙)」からの連想で

子供の頃に読んだ「メアリー・ポピンズ」のクランペットが食べたくなって
Pike Place Marketにあるthe Crumpet Shopへ。

クランペット

 

 

 

 

 

 

 

本の中で子供たちにメアリーが
「外にクランペット売りが来てますよ」と言うと
ジェーンもマイケルもかなり本気で欲しがるあの食べ物。

どれほど美味しいのかしら?と子供心に思っていた
あのクランペットにアメリカで出会えました(ノ≧ڡ≦)

まだ日本では馴染みがないかもしれませんが
イギリス生まれの朝食パン
イングリッシュマフィンの弟、と思うといいかもしれませんw

イングリッシュマフィンは上下を焼いているので
外はカリカリ、中はもちもちですが
このクランペットは片側(下部分)がカリカリで、中がもちもちなのです♡

一番好きな食べ方は熱々のクランペットにバター&はちみつ。

片側(上部分)にあるポコポコした穴に、はちみつがしみて
食べるたびにじゅわわーーーっ♪と。幸せ感半端ありません。

ジャムやシロップなどをかける「甘い系」から
ハムやチーズなどをのせる「しょっぱい系」まで
守備範囲が相当広いこのクランペット。

今日はヌテラ(nutella)にしてみました!

crumpet_2

 

 

 

 

 

 

 

ヌテラ(nutella)の中毒性のある甘さと
クランペットのカリッ&もちっ、がたまりません♡

週の真ん中水曜日。たまには甘~い朝食で
自分を甘やかしてあげるのもいいかも。

本日もSweetな1日を!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング