あなたをここに連れて来たもの=What brought you to here?

 

おはようございます♪

シアトルもやっと雨続きの日々が終わりを告げ
天気の良い季節が続くようになってきました。

そしてジューン・ブライド!
結婚式シーズンも到来O(≧∇≦)O

公園や海沿いで結婚式用の写真を撮っているカップルを
よく見かけるようになりました♪

先日、学生時代の先生とランチをしたとき
彼らの結婚式の写真を見せてもらったら
かわいい傘が色々なところで活躍してたことを思い出し

シアトルの有名傘店「Bella Umbrella」へ

ここは普段使いの傘はもちろん
結婚式などパーティーの小物用傘のレンタルも行っていて
(高いのでなかなか買えませんが)
見てるだけでも幸せな気持ちになるお店。

bella-umbrella

 

 

 

 

 

あまりにジロジロ傘を見ていたり
「写真を撮っていいですか?」などと尋ねる
挙動不審なアジア人の私に店員さんは興味津々w

なんだかやさしそうなお姉さんだったし
早い時間でお客さまが誰もいなかったのをいいことに
早速、世間話が始まりましたw

アメリカでは、名前も知らない相手との
立ち話が盛り上がることがよくあります。

今日のSweetは、そんな立ち話の中で店員さんに聞かれた言葉
「What brought you to here?(どうしてシアトルに来たの?)」です。

何があなたこをここに運んで来たの?
と、直訳するとこんな感じになるこのフレーズ。

まじめにとらえすぎると「飛行機です」とか
答えてしまいそうなこの言い方!
あんまりにもかっこよくて
私もいつか使ってみたいと思いました♪

日本人&英語初級の私だったら
「Why do you come here?」と聞いてしまいそうなこの言葉。
※実際にこの言い方は感じが悪いので気をつけてくださいね※

アメリカらしい考え方 = 人の心がその人の行動を動かす
あなたをここまではこんできたもの=どんな理由があってここにきたのか。

そこからものの言い方が生まれるって、素敵だなぁと思えた
とにかくよく晴れた朝なのでした。

Bella Umbrella_2

 

 

 

 

 

 

 

こんなにかわいい傘がいっぱい売っているのに
シアトルで雨の日に傘を差して歩く人はほぼ皆無。

という事実についてのお話はまたいつか、雨の季節にw

今日の日本はどんなお天気ですか?!
本日もSweetな1日を(*^-゚)v

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング