寒い季節は要注意!ぎっくり腰を防ぐ「太ももの裏側とお尻のストレッチ」

 

おはようございます♪ヨガインストラクターのkayoです。

今回は、つらい「ぎっくり腰」の予防ストレッチをご紹介します。

ある日突然やってくるぎっくり腰。その原因としては、以下のように様々な理由が考えられます。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 運動不足、筋力不足
  • 身体が硬い
  • 冷え性
  • 食生活の乱れによる内臓疲労

…そして、病気が隠れている場合も。

痛みを感じるキッカケは何かの動作かもしれませんが、日々の生活も大きく影響しています。それを防ぐためには、普段の姿勢や生活習慣を見直すことが大切。生活のどこかで腰に負担をかけていないかも、考えてみましょう。

姿勢改善のために体幹を鍛えることも大切ですが、今回は、ぎっくり腰を防ぐストレッチをご紹介します。

硬くなることで腰痛の原因となる、太ももの裏側と、お尻を伸ばしていきましょう。

ぎっくり腰を防ぐ「太ももの裏側とお尻のストレッチ」

1) 仰向けになり両膝を立てて、左足を右膝にかけます。

ぎっくり腰を防ぐ「太ももの裏側とお尻のストレッチ」

2) 息を吐きながら足を引き寄せて、両手を膝裏で組みます。

ぎっくり腰を防ぐ「太ももの裏側とお尻のストレッチ」

3) 余裕があれば、膝の外側で手を組みましょう。

ぎっくり腰を防ぐ「太ももの裏側とお尻のストレッチ」

左のお尻の伸びを感じながら、無理のない範囲で3〜5呼吸キープします。反対側も同様に行いましょう。

4) 両膝を立てて、右足の足裏にタオルをかけます。無理のない範囲で少しずつ足を伸ばしていきましょう。

ぎっくり腰を防ぐ「太ももの裏側とお尻のストレッチ」

余裕があれば、息を吐きながら足を引き寄せようとします。脚の裏側の伸びを感じながら3〜5呼吸キープして、反対側も同様に行いましょう。

ポイント

  • ストレッチを行っている時は、伸びているところに意識を向けましょう。
  • 痛気持ちいいくらいのところでキープしましょう。
  • 今痛みがある方、動いた時に痛みを感じる方はポーズを控えましょう。

いかがでしたか?

ストレッチのタイミングはお風呂上がりや、寝る前がおすすめです。どちらも寝たまま出来ますので、ベッドの上で行ってもOKですよ。

ギックリ腰になってしまったことがある方も、再発を防止したいという方にもおすすめです。

どんどん寒くなってくるこれからの季節、運動する機会が減り、冷えによって血液の巡りが悪くなり、筋肉が硬くなって腰痛の方が増えます。あたたかい服装を心がけたり、ゆっくり湯船に浸かるなど冷え対策も意識してみてくださいね。

***

今回のストレッチの動画を、Instagramにもアップしました!動きをより深く理解したい方は、ぜひご覧ください。

動画はこちら:https://www.instagram.com/reel/CkGMaXsjaej/

それでは今日も素敵な1日を♪

☆この連載は<毎週日曜日>更新です。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

Happyに生きるためのBeautyヨガレッスン

モットーは『HAPPY MIND HAPPY BODY』!人気インストラクターによるヨガレッスンコラム♪
Written by

kayo

ヨガインストラクターとして『HAPPY MIND HAPPY BODY』をモットーに日々レッスンに取り組む。
好きなことはヨガ、ワークアウト、散歩、料理、フラワーアレンジメント。著書『ヨガの心でhappyに生きる』。スイス発スポーツアパレルブランド【sn】super.natural アンバサダーや美容健康アプリFiNC アンバサダーとしても活動しています。
◆blog『kayoga life』https://kayogalife.amebaownd.com
◆Instagram@caio110

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング