【レンジで5分】ダイエット向き!「オートミールスープ」レシピ2種

 

おはようございます。管理栄養士のmaikoです。

この連載では、「管理栄養士のイチオシ!食べてキレイを磨く朝食レシピ」をテーマに、体に良くて、キレイになれる朝食レシピをお届けします。

今日ご紹介するのは、レンジでスピーディーに作れて、ビタミン・ミネラル・食物繊維がとれる◎「オートミールスープ」のレシピです。

オートミールは、白米と比べると食物繊維がおよそ20倍!

いま大流行中の食材ですが、ブームになる理由のひとつが、白米よりも「低GI」だから、という点。

GI値」とは食事中の血糖値上昇のことをいい、これが緩やかだとインスリンというホルモン分泌が抑えられ、肥満防止効果が期待できるのです。

オートミールは冷蔵庫に入れる必要がなく、常備食材としても優秀ですよ!

5分でできる!「オートミールのたまご雑炊風スープ」

オートミールのたまご雑炊風スープ

材料(1人分)

  • オートミール 大さじ3
  • 和風顆粒だし 小さじ2
  • 塩 少々
  • 小松菜 1/2株(食べやすく切る)
  • 卵 1個

下準備

卵を溶きほぐす。

作り方(調理時間5分)

1) 耐熱容器に、卵以外の材料をすべて入れ、600Wのレンジでラップをせずに2分加熱する。

オートミールのたまご雑炊風スープ

2) 溶き卵を入れ、600Wのレンジでラップをせずに1分加熱し、ひと混ぜする。

オートミールのたまご雑炊風スープ

冷凍野菜を活用◎「オートミールのトマトスープ」

オートミールのトマトスープ

材料(1人分)

  • (A)オートミール 大さじ2
  • (A)顆粒コンソメ 小さじ2/3
  • (A)おろしにんにく・塩 各少々
  • (A)トマトジュース(無塩) 100ml
  • (A)水100ml
  • (A)冷凍ブロッコリー 3個
  • パルメザンチーズ 少々
  • ブラックペッパー 少々

(お詫びと訂正)本記事を公開した際、材料の「トマトジュース」が抜けておりました。材料の4つ目に「(A)トマトジュース(無塩) 100ml」を追記しております。訂正してお詫び申し上げます。(2022年7月19日)

作り方(調理時間5分)

1) 耐熱容器に(A)を入れ、ラップをして600Wのレンジで3分加熱する。

オートミールトマトスープ

2) パルメザンチーズ、ブラックペッパーをトッピングする。

オートミールのスープ

食べてキレイを磨く!レシピのポイント

【1】慌ただしい朝は、レンジ調理で時短しよう

【2】オートミールで、食物繊維・ビタミン・ミネラルをチャージしよう

【3】乾燥わかめ、前日余った野菜など、ある物でアレンジしてみよう

【4】少しゆっくりと食べて、満腹中枢の働きを促そう

***

オートミールのスープで朝から栄養をしっかりチャージして、今日も元気にいってらっしゃい!

★この連載は<毎週水曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

管理栄養士のイチオシ!食べてキレイを磨く朝食レシピ

管理栄養士maikoさんの「食べてキレイを磨く朝食レシピ」
Written by

管理栄養士 maiko

料理研究家。東京都出身。大学卒業後、管理栄養士資格を取得。メニュー開発、料理教室講師、給食調理を行う。『大人の女性のための料理』をテーマに、簡単に美味しくて自分磨きになる料理を考案している。
栄養でもっと輝く人を増やしたい!という思いでプチ不調解決の栄養コラムをInstagramでも紹介中。
【Instagram】https://www.instagram.com/buruwanko/
【レシピサイトNadia】oceans-nadia.com/user/555139

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング