胃腸を整えて、元気になる。ゆらがない心を作る食事ルール3つ

 

朝を楽しむ朝美人アンバサダーさんによるスペシャル連載!国際薬膳調理師として活躍されている倉口ゆうみさんに「ゆるがない心と体を作る薬膳」をテーマにコラムをお届けいただきます♪

おはようございます!朝美人アンバサダーで国際薬膳調理師の倉口ゆうみです。

朝からごきげんに過ごしたいけれどその気持ちとは裏腹に、心も身体もゆらいで思うように動けずつらい…と感じることはないですか?

そんな時、自分のことを責めそうになるけれど、実は性格の問題ではなく食習慣や選ぶ食材が自分にあっていないかも?と中医学(中国伝統医学)では考えます。

リビング

ゆらぎやすい人こそ自分を労わる選択肢を増やすことが大切。その選択肢の1つとして、ぜひ取り入れてみてほしいのが薬膳なんです。

今日から3回にわたり、心のゆらぎをケアする薬膳レッスンをお届けします。

無気力感やだるさ…原因は食事かも

サラダ

突然ですが、あなたはこのチェックにいくつ当てはまりますか?

  • 生野菜サラダを良く食べる
  • 常温のお水をよく飲む
  • ヨーグルトとフルーツが朝の習慣
  • 夕飯は満腹まで食べないと気が済まない
  • 夕飯を食べるの21時を過ぎることがよくある
  • お米よりもパンを良く食べる

このチェックは、胃腸の疲れを診断するためのもの。当てはまる項目が多い方は、胃腸が弱っている可能性が高いです。

疲れた胃腸では食べ物を栄養やエネルギーに変えられないので、心身ともに元気がない…という状態になりやすくなります。

胃腸を元気にしてエネルギーをつくろう!

倉口ゆうみさん2

中医学では元気が出ない、無気力感、気持ちが落ち込むなどの状態のことを気血(きけつ)不足といいます。

気は、身体を元気に動かす生命エネルギーですので、不足すると車のガス欠のような状態になるので動けなくなってしまいます。

血は、精神の安定を図るという働きもしているので、気持ちが不安定になります。生理前に不安定になる方も多いと思いますが、それは生理によって血が減ってしまうためです。

対策としては、気血を補う食事を意識するということが大事になりますが、食べた物を栄養に変える胃腸が元気でなければ補ってもなかなか体は応えてくれません。

「健康のために食事には意識を向けているのに良くならない…」という方は、胃腸の弱りが原因であることが多いです。

気持ちがゆらぎやすい人や疲れやすい方こそ、まずは胃腸を整え、気血をチャージしましょう♪

ごきげんに過ごすために意識したい3つの食事ルール

鍋

【1】加熱調理を基本にしよう!

中医学では胃腸を冷やすことが万病の元と考えます。

生野菜サラダやフルーツ、スムージーなど加熱していないまま食べることは胃腸を冷やす原因に。お野菜を食べるならスープやお鍋。フルーツも加熱して頂きましょう。

【2】お米・イモ類・鶏肉を食べよう!

お米、イモ類、鶏肉には、胃腸をすこやかにして気を作り出す働きがあります。

また、鶏肉は血を作り出す働きがあるので、ゆらぎやすい人にこの3つのセットは欠かせません◎コトコト煮込んだスープにしてお米と一緒に召し上がれ♪

親子丼

具体的には、胃腸にやさしく気血を補う「親子丼」などがおすすめです♪

【3】「くよくよ悩み過ぎないぞ!」と意識する

中医学では臓腑と感情はつながっていると考えますが、胃腸は思い悩むという感情とつながっています。同じことで悩み過ぎたり、ずっと不安な感情を引きずったりしていると胃腸が弱って、せっかくの食事も栄養に変えることができません

食事の内容を工夫する前に、「悩むと胃腸が弱る!ここでやめとこ。なんとかなるさ~」という精神を持っておくことから始めてみましょう♪

湖

今回の薬膳レッスンはここまでとなります。

次回は、ごきげんに過ごすために始めたい薬膳的「朝習慣」をお届けします!お楽しみに♪

倉口ゆうみさん

【こちらもおすすめ】倉口ゆうみさんの「モーニングルーティン止めてみた」

倉口ゆうみさん

あえてモーニングルーティンを止めて、その日の心身の状態に合わせた過ごし方をすることで、気が付いた発見、良かったことなどをご紹介いただいています♪>>https://asajikan.jp/article/214717

倉口ゆうみさんのプロフィール

朝美人アンバサダー倉口ゆうみさん

倉口ゆうみさん(薬膳ライフバランスプランナー/コラムニスト/講師)

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)。“生まれもった体質を大事にしたオリジナルな世界をつくるサポーター”。個人や企業向けの薬膳レッスン、メニュー監修、コラム執筆、薬膳×メンタルのカウンセリングを行っています。

得意分野は薬膳の目線でココロのお悩みにアプローチすること。薬膳の世界では感情と臓腑がつながっていると考えるので「私なんて…」と自分を責めることはないんですよ。

繊細さんが薬膳の知恵で生きやすくなる方法&朝をラクにするための簡単・美味しい・カラダにいい〝薬膳ずぼら飯″レシピを発信していきます。薬膳みそ汁ならお任せください♪

■Instagram:@yuumi__kuraguchi

朝美人アンバサダー2021のみなさんのプロフィールはこちら >>(https://asajikan.jp/ambassador_2021

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝美人アンバサダー「スペシャル連載コラム」

朝美人アンバサダーさんによる短期連載コラム♪
Written by

朝美人アンバサダー

朝って、いいな♪」を合言葉に、朝の過ごし方や楽しみ方を発信してくれている、公式「朝美人アンバサダー」のみなさん。「お気に入りの朝の過ごし方」は、人によってそれぞれ。気になるアンバサダーの方がいたら、ぜひブログやSNSもチェックしてみてください。プロフィール一覧はこちら

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング