早起きがワクワクに変わる!「100個の好き」を書き出すコツと活用法

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第12回:「好きを100個」で自分の心地よさを見つけよう(後編)

おはようございます!朝イチ業務改革コンサルタントの池田千恵です。この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

前編「『好きを100個』書こう!寝坊の罪悪感をリセットする朝ノート術」では、朝「できなかった」に目を向けず「できた」を集めるために、「好きを100個ノートに書く」提案をしました。

後編では、「好きを100個」ノートに書いていくときのコツ、「こんなときどうする?」の解決法を説明します。

好きが100個も見つからない時はどうする?

「好きを100個書こうとしても、書けない!」「100個も見つからない…」

という方は、きっちりしないと!ちゃんとしないと!と思うことで手が止まってしまっている可能性があります。

  • 好きなことは、何も「朝活」しばりでなくてもOK
  • さらに、似たようなことを何度も書いてしまっても大丈夫
  • 名詞だけ(ケーキとかお茶とか)でも問題なし
  • 文章が長くなったり短くなったりして統一感がなくても、こんな小さなことでもいいのかな?と迷ってもOK。

とにかく、頭も心もやわらかくして、気軽に試してみてください。

100個も出せば、自分の興味の方向性やホンネが見えてくるのも面白いところ。

例えば「朝活で勉強したい」理由は何か?と聞かれて、明確にパッと答えられない方でも、「好き」を書き出していくうちに

「知らない世界を知るプロセスが好きだから、私は勉強が好きなんだ」

「やればやるほど効果が見えるから勉強が好きなんだ」

というように、自分が勉強に惹かれる理由まで分かってきますよ♪

100個書いたら「ぐっとくる好き」に○をつけてみよう

ノート

100個も書くと、特に自分の琴線に触れる言葉、つまり「ぐっとくる」キーワードが見つかるはず。その何個かに○をつけてみてください。そして○をつけたキーワードをながめて「その心は?」を考えてみましょう。

例えば

ベッドでぬくぬく

というキーワードに「ぐっときた」とします。そのキーワードの意味を考えていくと

時間に追われない生活が好き

という、新たなあらたな自分に気づくかもしれません。

「朝活したいのにベッドでぬくぬくが好きって、私ってホントは朝活したくないのかも!?」と感じるかもしれませんが、それでも大丈夫!

時間に追われない生活が好きだからこそ、ゆったりした時間をすごすために朝活を始める、なら全く矛盾はありません。

このように、ぐっときた「好き」をさらに深く考えることで、自分の価値観が分かってきます。自分の「好き」の輪郭がクッキリしてくると、その「好き」を叶えるためにはどんなライフスタイルがいいのか、将来何をしていったらいいのか、ということも見えてきますよ!

ポジティブな気持ちで1日を始めるためだけでなく、自分を知るためにも役立つ「好きを100個」書き出す朝ノート術。早速試してみてください!

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆前編 「『好きを100個』書こう!寝坊の罪悪感をリセットする朝ノート術」 >> https://asajikan.jp/article/193865

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング