BLOG

習慣力を身につけたい…早起きで出会った「自分と約束できる朝時間」

 

渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ『朝渋』メンバーのちえ@chiekojima)です。

朝ごはんを頬張るちえさん

私はもともと朝ごはんが好きで、朝ごはんライターをしているのもあり、以前から誰かとモーニングの約束をしてよく出かけたりしていました。ですが、朝ちゃんと起きられるのって…その日だけだったんですよね。

私のように「遊ぶ約束をしている日は起きられる!でも毎日継続して早起きは難しい…」という方、多いのではないでしょうか。

そんな私でも、今は毎日早起きできるようになりました!今日は、早起きした朝を私がどう過ごしているか、そして、早起きするようになってからどんな私になったのかをお話しさせてください。

きっかけは「楽しそうなところに飛び込みたい!」気持ち

スマホ

2020年夏、東京。自粛ムード漂う日々に、仕方ないとはわかっていても「お出かけ大好き!」「人と会うのが大好き!」な私は、少し物足りなさを感じていました。

何かオンラインで入れる楽しそうなコミュニティでも探してみようかな…と見つけたのが『朝渋KNOCK』。本気の早起き習慣化プログラムという一ヶ月で駆け抜ける、少し部活感漂うコミュニティ。

ここに集まってくる人って、頑張って早起きを習慣にしたい人ってことでしょ?「つまり、前向きで素敵な人たちが集まっているのかも!」そう思ったのが、朝や早起きに興味を持ったきっかけでした。

朝起きられない頃の私

目覚まし時計

冒頭の通り、以前の私は遊びの約束がある日以外は遅起き。ドラマが好きなのですが、朝8時の連続テレビドラマをオンタイムに見ることができず、録画して夜に見るような生活でした。

シャワーを浴びて、バタバタと家を飛び出し、朝ごはんをコンビニで買って、職場についてから頬張りながら始業を迎えるという毎日。朝ごはんが好きなはずなのに、その朝ごはんすらおざなりでした。

大切にしたい時間って?身につけたい力は何?

ところで皆さんは、ここ一週間、誰とどんな約束をしましたか?

友人と約束していたランチ。

この後飲みに行かない?と急遽決めた先輩との約束。

毎日楽しい約束にあふれ、忙しい日々。この時間は私にとって大好きな時間で大切。けれど、人と過ごす時間が好きすぎると、つい自分時間がおろそかになってしまい…早起きになる以前は、私にとっては自分との約束を守ることがもっとも難しいことでした。

だからこそ、自分一人ですてきな朝ごはんを食べる、といったことすらできていなかったんですね。

早起きしてベランダから見た景色

加えて、私の問題は継続力の無さ。「よし!運動して健康を目指すぞ!」と先週は走ったけれど「で、今週は…?」みたいなことの連続。

どこからか湧き上がる瞬発力と実行力とは裏腹に、継続力が見当たらないのは薄々気づいていたのですが、「三日坊主でもやらないよりマシ」そんな精神でずっと過ごしていたのでした。そう、本気の早起き習慣化プログラムに参加する前までは。

ところが、そのプログラムにより、私は大きく変わりました。

“本気の早起き習慣化プログラム”は本気で自分に向き合うことだった

もともとは早起きというより「出会い」を期待して入った朝渋KNOCKですが、“本気の早起き習慣化プログラム”というだけあって、早起きが習慣になることはもちろんのこと、物事の習慣化を身につけられた一ヶ月だったと思います。

プログラムの最初にしたのは、自分の最適な生活リズムを探り、朝時間にやりたいことを考えることでした。ここで私は気づきます。朝の時間は、人との約束がない時間だということに。

つまり、そのとき考えたやりたいことこそが “自分の自分による自分のための時間” の過ごし方でした!

私はストレッチ、朝ごはん、英会話、読書、カフェ…と盛りだくさんの内容を考えたのですが、最初からそんなに詰め込んでもできるわけがありません。「む、難しい…早急に挫折か!?」と思った矢先に、習慣化のコツや自分に合ったやり方に気づかせてくれる講義を聞くことができ、続けることができました。1週目より2週目はできることが増え、そして一ヶ月たったころには、会社で朝ごはんを頬張っていた以前の私はもういませんでした。

明日の自分と約束しよう

人が何かを習慣化しようとすると、“イメージが定着するまでに21日かかる” と言われています。本気の早起き習慣化プログラムを駆け抜けた一ヶ月は、朝の時間が自分にとって心地いい時間だということ、そして自分との約束を守ることは自分を大切にする一歩だ、ということを気づかせてくれた時間でした。

朝渋KNOCKには、そんな気づきを得られるきっかけがちりばめられていました。そして最初に期待した素敵な出会いは、想像以上。きっと普通に生活していたら出会えなかったであろう仲間と出会えました。そしてその仲間とのやりとりが、自分を映してくれる鏡となり、自分にしっかり向き合うことができました。

朝渋KNOCKで出会った仲間

「自分のことはつい後回しになりがち」「どうしても物事が継続できない!」と悩んでいる皆さん。もしかすると朝の時間が助けてくれるかもしれませんよ!

あなたが早起きして、自分と約束したいことは何ですか?まずは、それを考えるところからはじめてみてください♪

朝渋はこちら

朝渋は、日本最大級のオンライン朝活コミュニティです。
「学びを楽しむアカデミーコース」「仲間と楽しむキャンパスコース」
という2つの朝活を、日本全国へお届けしています。

▼朝渋はこちらから
https://community.camp-fire.jp/projects/view/243458

ちえさんのプロフィール

ちえさん

デジタルハリウッドにて学校運営の仕事に勤しむ傍ら、メディアのライターや広報サポートなど幅広く好きなことを仕事にしている。エンタメ全般、カフェめぐり、美味しいものを誰かと食べることが好き。

Twitter:@chiekojima
note:https://note.com/chiekojima

★本連載は、毎月第2・第4水曜日に更新します!次回もどうぞお楽しみに♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング