BLOG

週2日からスタート!夜更かしだった私が朝型になるために実践した3ステップ

 

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーの須崎ちはる(@chih_suz)です。

毎週「朝渋」メンバーがリレー方式でご紹介している「早起き」の魅力やコツ。今日は、夜更かしばかりだったわたしが早起き生活にシフトできたお話と、朝型になるために実践した3つの早起きTipsをご紹介します!

早起きデビューのきっかけは…「こんな自分は嫌!」

予定がいっぱい!

仕事、飲み会、遊び……。充実感を得るために、忙しくなるために、毎日遅い時間までスケジュールを埋めていた、以前のわたし。

毎日充実していたはずなのに「将来なにをしたいの?」「いま夢中になっていることはなに?」と聞かれると、なぜか虚無感に襲われていました。

なにが好きなのか、どんな人生にしたいのか、自分のことが全くわからなかったのです。

悩んでも悩んでもわからないし、お金も時間もいつの間にか消えていく。

「こんな自分は嫌だ…!」と思い、まず見直したいと思ったのは、夜中2時就寝、朝8時半起床、10時出社の「ドタバタ生活」でした。

今ではすっかり早起きが定着して、悩みも解消されましたが、当時のわたしがどのように早起き生活へシフトしたのか…?実際に効果があった早起きTipsを3つお伝えします!

週2日からスタート!夜更かしだった私が朝型になるために実践した3ステップ

「ズボラ女子」の代名詞のようなわたしが、どうやって早起きをしたのか。

生活リズムの改善を無理なくスタートし、継続しやすい、そして誰でも実践できる早起きTipsを3つを紹介します!

【1】まずは「早起きの目的」を見つけることから

朝渋の部活動

なぜ多くの人が早起きに「失敗」してしまうのか。

それは、早起きを「なんとなく良さそう」という理由で始めてしまうからです。わたしもそうでしたが、明確な目的がないまま始めたことは、大抵「三日坊主」で終わってしまうのです。

なので、まずは早起きの楽しさ(目的)を見つけることから始めましょう!

  • ランニングをする
  • お弁当を作る
  • 朝ごはん巡りを食べに行く
  • 読書をする
  • 家事をする

最初はなんでもいいのです。「時間」や「やる気」があったらやりたいことを書き出して、1日1つ試すことから始めてみましょう。

5つ試すことができたら5回も早起きに成功したことになりますし、とりあえず週2日だけ早起きする生活でもいいのです。

きっと出社前には「やりたいことを1つできた達成感」を感じているはず。結果的に「早起きっていいかも?」と思うことができれば、それでいいのです。まずは、無理のない範囲で継続してみましょう

わたしの場合、朝渋への参加は正解でした。朝7:30〜9:00で行われている部活動に参加してスキルアップをはかったり、朝一で人と会える楽しさを味わえたので、早起き初心者のわたしにとって、目的や楽しさをもつことはとても効果的だったのです。

【2】夜の予定を半分に!飲み会や夜更かしを減らす

早起きの大敵は、「夜更かし」です。

SNSやテレビ、映画やドラマを観たり、飲み会や残業も夜更かしの原因。就寝時間が遅いと起床時間も遅くなるので、早起きができなくなるのです。

わたしの場合は、「飲み会」と「映画鑑賞」が原因で寝る時間が遅くなっていたので、飲み会は週1回1次会までの参加、映画は朝に観る「自分ルール」を決めて改善しました。

「飲み会には行かない」「残業はしない」と極端なルール作ってしまうとなかなか継続できないので、まずは夜のスケジュールを半分にしてみることをおすすめします!

最初は「飲み会への参加を減らすと人間関係に悪影響が出るかも…?」と心配しましたが、全くそんなことはありせんでした。むしろ早起き生活が順調になり、スキルアップや新しい出会いが増え、良いこと尽くしだったのです。

【3】朝と夜のルーティンを決める!

カフェオレでリラックス

最後の早起きTipsは「ルーティンを決める」ことです。

朝と夜に時間ができたら、今後はその時間で「なにをするのか」、または「絶対にしないこと」のルーティンを決めてみましょう。

  • 起きたらコップ一杯の水を飲む
  • その日のTo doリストを作る
  • 仕事を終わらせる時間を決める(=決めた時間以降は仕事しない)
  • 寝る前に読書をする
  • 携帯やPCの電源をオフにする(=携帯やPCをつけっぱなしにしない)

どんな小さなルーティンでもいいのです。歯磨きと同じように、毎日のスタートと終わりの合図を作り自分の生活にリズムを作ること。

そうすると、例え一時的に生活が乱れてしまいそうになっても、この小さなリズムを刻めば早起き生活に戻って来られるのです。

1) 楽しみを作って早起きをスタート

2) 夜のスケジュールを調整して夜更かしをセーブ

3) 朝と夜にルーティンを作って早起きリズムをつくる

3つのステップを踏むまでには人それぞれのペースがありますが、ぜひこの「3ステップ」を試してみてくださいね!きっと、素敵な早起き生活が待っているはずです。

それでは、いってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

朝の楽しみの一つになるかも!?朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。ぜひチェックしてみてください!

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」

https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

須崎ちはるさん

須崎ちはる

フリーランスのライター兼ディレクター。Web媒体でのビジネス系インタビューやイベントレポが得意。SNSや書籍編集のお仕事もしています。 1992年北海道出身、朝食とスイーツが大好きな食いしん坊。

Twitter:@chih_suz
note:https://note.mu/chih_s
Blog:http://chr-am.com/

Photo by @takumiyano_

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング