BLOG

素敵な朝を迎え入れるのは「心地よい自分」!私が早起きになれたワケ

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのかみやまみき(@hiyokapiです!

毎週「朝渋」メンバーがリレー方式でご紹介している「早起き」の魅力やコツ。今日は、私の早起き体験記をお伝えしますね。

私の朝の今昔。

早起き

もともと「早起きして、朝活をしたい!」と思っていた私。

以前も数回友人とカフェでモーニングをしたり、会社の「朝英語部」の運営として、週に1度7:30に出社していた時期もあったんです。

つまり、予定があったりすれば、早起きはできる。

でも、予定がなければ、ことごとくお布団の甘い誘惑に負けていました

時は過ぎて、今。私の日常はというと…

【5:00】 起床・身支度
【6:20】 家を出る
【7:00】 カフェで作業や読書など
【8:55】 会社へ出勤

すごい変わりようですね。笑 すっかり早起き体質に変わりました。

では、この変化をどうして起こすことができたのでしょうか。

朝を迎え入れる、心地よい「昨日の自分」。

Photo by Leon Biss on Unsplash

実は、早起きは、前日から始まっているんです。

今、ちょっとだけ、昨日の自分を思い返してみてください。

■どんな気持ちで一日過ごしましたか?
■どんなことを考えていましたか?
■食事の内容はどうでしたか?
■寝る前は何をしていましたか?

例えば、昔の私はこんな感じでした。

■朝「会社行きたくない…」というどんよりした気持ちで起きる
■会社帰りについついコンビニに吸い込まれてデザートを手に取る
■うちに帰ったら無意識にテレビのリモコンに手が伸びる
■ベッドでゴロゴロ・ダラダラスマホ
■「今日もうまく行かなかった…」という終わりのない自分反省会

今思えば、お布団の誘惑に負けていた頃の私は、「朝」を迎えられるような「心地よい自分」ではなかったんです。

そんなわけで、「心地よくない自分」を「心地よい自分」にするために、これまでいろんなトライアンドエラーをしてきました。例えば

■「会社が嫌」って思う自分と正面から向き合ってみる
■コンビニでは自分の胃と相談してみる
■テレビは手放す
■ベッドにスマホは持ち込まない
■自分反省会をするくらいだったら、寝ちゃう

時間をかけて「心地よい自分」を積み上げた結果、「朝」が最後のパズルのピースのようにやってきて、ぴったりとはまったのです。

みなさんも、まずは素敵な朝を迎える「心地よい自分」でいられる条件を、たくさん集めてみてはいかがでしょうか。

私には最後のピースとして「朝」がやってきたのですが、あなたの「心地よい自分」は、今「朝」にいるのかもしれません。

今の私にとっての朝

私にとって、朝は「ありたい自分」に近づくための大切な時間になりました。

去年の夏は、朝渋のメンバーと一緒に、朝に公園に集まって、盆踊りを踊る夏祭りを開催しました。

着る機会を増やしたいと思っていた浴衣を着ることもできて「あの頃、ありたかった自分」にどんどん近づいている実感があります。

朝渋のみなさん

みなさんが、心地よい自分でいられる日をたくさん過ごせますように。

それでは、いってらっしゃい!

朝渋ONLINEのご紹介

朝があなたのピースなのか、お試しもできます。朝渋が、全国どこからでもお楽しみいただけるようになりました。ぜひチェックしてみてください。

▼早起き×読書サロン「朝渋ONLINE」
https://online.asa-shibu.tokyo/

プロフィール

かみやまみき

渋谷のAI開発会社の人事担当。採用を中心とした人にまつわるいろいろを担当。朝渋では、バックオフィス中心に、著者イベントのときはtwitter実況など。朝渋では「いちごさん」と呼ばれています。プライベートでは、茶道・お琴・ダイビングが3大趣味。和ものが大好きです。

Twitter:@hiyokapi
note:Miki Kamiyama
アイキャッチ:Photo by @takumiyano_

☆このブログは<毎週水曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング