BLOG

早起きのコツは3つ!10年間続けたアイドルをやめて「朝活」始めました

毎週水曜日の朝、会員制朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのみなさんに、早起きの魅力やコツをご紹介いただきます♪

おはようございます!渋谷の朝活コミュニティ「朝渋」メンバーのなかむらゆう(@chanyu_smile)です。

今週から毎週水曜日に、朝渋メンバーが順番に「早起き」の魅力やコツをご紹介します。初回は、私なかむらゆうの早起き体験記から!

チャレンジにぴったり!私が「朝」を好きな理由

私が「朝」を好きな理由。それは、朝は「新しいことにチャレンジできる時間」だからです!

昔から好奇心が旺盛で、新しいことをどんどんやってみたくなる性格だった私。小学校の頃からずっとアイドルをやっていたので、夕方から夜まではダンスや歌のレッスンの毎日。なかなか自分がやりたいことや挑戦してみたいことに使える時間がありませんでした。

そんな時に朝渋に出会って、朝から読書・ウクレレ・ボルダリングなどの活動をしていると知り「あ、時間を理由に諦めてたことも、朝やればいいのか!」と初めて気付きました。

今までは本当に夜型人間で早起きできなかった私。”朝に活動する”という考えがそれまではまるで無かったんです。笑

でも、実際早起きしてみると、最初は辛くても1日をものすごく充実して過ごせることに気づいて、早起きが楽しくなりました。

朝渋のボルダリング部

 

これからも朝の時間を利用して、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいです!

夜型人間だった私が変わった!私の早起きTips3つ

さて、そんな私が普段意識してる早起きTipsは3つ。

【1】睡眠アプリを活用する

1つ目は睡眠アプリを使うこと。

私がいつも使っているのは「Sleep meister(スリープマイスター)」というスマホのアプリ。

このアプリを起動して枕元に置いておくことで、体の動きから眠りの深い時/浅い時を感知して、眠りの浅いときにアラームを鳴らしてくれるんです!

目覚ましがなっても全く起きられないくらい寝起きが悪い私でも、これを使い始めてからスッキリ目覚められる日が多くなりました!毎日このアプリに助けられてます。

【2】予定を入れる

2つ目は、なんでもいいから朝に予定を入れること。

どうしても1人じゃ意思が弱くて早起きができないので、朝に何かしらの予定を入れるようにしています。

リズムが乱れがちな休日も、朝に約束を入れることで「夜更かしして起きたらもう午後…」ということが無いようにしています。

例えば、美容院を予約したり、映画のチケットを取ったり…

あとは朝渋内の部活もその一つで、朝に楽しみな予定を入れることでスッキリ起きられるように工夫しています。

朝渋のランニング部

【3】早く寝る

3つ目は、”早く起きる”ことよりも”早く寝る”のを意識すること!

早く起きることより早く寝ることの方が難しいというのは、早起きを始めてみての1番の発見でした。

早起きのために睡眠時間を削ってしまったら元も子もないので、その分早く寝るように意識したり。

大学のレポートや課題が残ってる時も無理に徹夜してやるのではなく、その日は潔く寝て!笑 その分早く起きて朝取り組むようにしています。

*****

以上、私の早起き体験記をご紹介しました。

来週は他の朝渋メンバーが登場します。どうぞお楽しみに!

それでは、行ってらっしゃい!!

☆このブログは<毎週水曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

わたしの早起き体験記 by 朝活コミュニティ「朝渋」

公式ブログ
朝活コミュニティ「朝渋」のメンバーが綴る、早起きを習慣にするためのコツ♪
Written by

朝渋(朝活コミュニティ)

渋谷を中心に朝7:30から活動する朝活コミュニティ「朝渋」。代表は、幼少期から5時起き22時寝を習慣としている「5時こーじ」(井上皓史)。「日本の朝を変える」を理念に掲げ、できるだけ多くの人が自分らしい人生の基盤を作れるように、早起きを習慣化するための活動を行っている。活動内容は、話題書籍の著者を呼ぶ「著者と語る読書会」。また、毎日メンバー同士が就寝・起床時間をオンラインで報告する活動や、メンバーのやりたい!を朝に叶えるために、50を超える部活動を行っている。20191月より全国どこからでも参加できる早起き×読書サロン「朝渋ONLINEを始動。
https://online.asa-shibu.tokyo/

 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング