のせて焼くだけでむくみ撃退!簡単「焼きとうもろこしトースト」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

今日は、旬の「とうもろこし」を使ったトーストアレンジをご紹介します。実はとうもろこしは、効能の面からみても、雨の多くじめじめした今の時期に特に食べたい、むくみ解消効果も期待できる食材なんです。のせて焼くだけで簡単にできますので、ぜひお試しください。

体にも溜まる「湿気」

この季節、以下のような症状の気になる方は、体に湿気が溜まっているかもしれません。

  • 下半身を中心にむくむ
  • 食後の眠気が激しい
  • 食欲があまり沸かない
  • 体が重だるく疲れやすい
  • うたた寝するとよだれがこぼれる

これらは湿気が原因で起こりやすい不調です。でも、大丈夫。溜まっているものは「食材の力」を借りて巡りを良くし、体の中から湿気を出せば調子が整いやすくなりますよ♪

今週のセルフケア食材「とうもろこし」

とうもろこし

とうもろこしの効能

とうもろこしは、体の水の流れをよくするので、湿気による不調やむくみ対策に最適。水分代謝をよくするものは体を冷やすものも多いのですが、とうもろこしは冷やしも温めもしない、なだらかな性質をもつもの。なので、冷えの気になる方でも、気にせず食べやすい湿気対策の食材なのです。

なかでも、とうもろこしのひげは「玉米髭(ぎょくべいしゅ)」という名の生薬としても知られています。湿気対策として食べたい人は、ひげも洗って刻んでチャーハンに入れたり、結んで束ねてとうもろこしごはんやスープなどで一緒に炊いたりするのがおすすめです。

今の時期は、普段飲むお茶を「とうもろこし茶」に切り替えてみても◎

のせて焼くだけでむくみ撃退!簡単「焼きとうもろこしトースト」

のせて焼くだけでむくみ撃退!簡単「焼きとうもろこしトースト」

材料(2枚分)

  • 食パン 2枚
  • とうもろこし 1本(コーン缶の場合100g)※1本のうち半量を使いますが、1本のまま加熱します
  • (A)しょうゆ 小さじ2
  • (A)砂糖 小さじ1/2
  • バター、粗びき黒こしょう 各適量
  • 粉チーズ 適宜

作り方

1. とうもろこしは1枚残して外側の皮をはぎ、ぴっちりとラップで包む。耐熱皿にのせ、600Wのレンジで2分、上下を返して1分加熱する。ラップをはずし、粗熱をとる。

2. とうもろこしの皮をすべて剥き、長さを4等分にし、半量(2切れ)をかつらむきの要領で、包丁を上下させながら実をはずす。(A)を絡める。(のこり半分はそのまま召し上がるか他のお料理にお使いください)

3. 食パンにバターをぬり、(2)のとうもろこしの実をのせる。トースターでパンに焼き色がつくまで焼き、粗びき黒こしょうを振る。好みで粉チーズをかけてもよい。

ポイント

  • とうもろこしは鮮度が命です。生のものを買ったら、なるべく早めにいただきましょう
  • レンジを使わず、茹でたり、蒸してももちろんOKです。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング