パン作りビギナーさんも簡単!牛乳入りのふわふわパン「ミルクハース」

 

おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

日に日に暖かくなり、桜が美しい季節になりました!今年の春は新型ウイルスの影響でお花見ができないぶん、私はサンドイッチを作ってお家でお花見気分を楽しもうと思います。

今日は、そのまま食べても、サンドイッチにしてもおいしいパン「ミルクハース」のレシピをご紹介します!ミルクハースは、牛乳だけで仕込んだ、ふわふわ食感のパン。卵サンドやハムチーズサンドなど、シンプルな材料を挟むだけで格別の美味しさが楽しめるんですよ。

作り方はとってもシンプルで簡単。パン作り初心者さんでもきっと美味しく出来ます♪春は酵母が発酵するのにちょうど良い気温で、パン作りデビューにもぴったりなんですよ。初めてさんもぜひ、挑戦してみてください!

パン作りビギナーさんも簡単!牛乳入りのふわふわパン「ミルクハース」

ミルクハース

材料:1個分 調理時間:180分

  • 強力粉(今回は「はるゆたかブレンド」を使用)…130g
  • 塩…2g
  • 砂糖…10g
  • 牛乳(電子レンジ500wで20秒温める)…90g
  • ドライイースト…1.5g(小さじ1)
  • 無塩バター…10g

作り方:

1) こねる

ボウルにイースト、牛乳、強力粉、塩、砂糖の順に入れる。ゴムベラで粉気がなくなるまで混ぜ、一塊になったら台に出して約10分こねる。表面が滑らかになってきたら、バターを加えて均一になるまでこねる。

※ホームベーカリーを使ってこねてもOKです

2) 一次発酵

ボウルにラップをして、生地が2倍になるまで室温に置く。

※翌日焼きたい場合は、1時間置いたあと、冷蔵庫の野菜室に入れてください

(発酵前のパン生地)
(発酵前のパン生地)
(一次発酵後のパン生地)
(一次発酵後のパン生地)

3) 成形

約2倍に膨らんだら、打ち粉(強力粉・分量外)を生地の表面にふって、ボウルを逆さまにして生地を取り出す。手で生地を広げてから、再度きつく丸め直して、「なまこ形」にする。

パン生地

パン生地

4) 二次発酵

オーブンシートをのせた天板に生地をのせる。電子レンジの発酵機能35℃で50分(もしくは室温でひとまわり生地が大きくなるまで)。

5) 焼成

生地の表面に打ち粉をまんべんなくふる。よく切れるナイフで5本切り込みを入れる。190℃に予熱したオーブンで約18分焼く。

焼く前のミルクハース

※あれば、焼く前に「霧吹き」で水をかけると、より皮がパリッと焼けます。

ぜひお試しください!

*****

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

★湘南・辻堂でパン教室を主宰しています→フランスパン教室「crumb-クラム」

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝においしい!手作りパン&アレンジレシピ

湘南・辻堂のフランスパン教室から届く、手作りパンやアレンジレシピ♪
Written by

パン・料理家 池田愛実

パン・料理家

湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」主宰。ルコルドンブルーを卒業後、同校のアシスタントを務める。26歳の時に渡仏。MOFのパン屋2軒で働きながら経験を積む。「捏ねないフランスパンレシピ」や国産小麦・自家製酵母を使ったレシピを開発している。
blog :http://crumb.blog.jp
Instagram :@crumb.pain

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング