おもちが大変身!モチモチ&カリじゅわ~が簡単「バターミルクもちパン」

 

おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

明けましておめでとうございます。今年もパンのレシピや楽しみ方をお届けしてまいります。どうぞよろしくお願いします。

さて、お正月、お雑煮やおしるこでおもちを楽しんで、そろそろパンが食べたくなってきた…なんて思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今朝は、そんな方におすすめの、ちょっと変わった「おもちパン」をご紹介します!実は、おもちを入れパンを作ると、もっちもち食感のパンが作れるんです!

ミルク風味の生地はそのまま焼いても美味しいですが、今回は中にバターを入れて「バターミルクもち」にしてみました。焼くと溶けだすバターで底がカリッとしてたまらない美味しさです。

簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね!

おもちが大変身!モチモチ&カリじゅわ~が簡単「バターミルクもちパン」

おもちが大変身!モチモチ&カリじゅわ~が簡単「バターミルクもちパン」

材料:6個分 調理時間:90分

  • おもち…100g (1個約50gの切り餅を2個使用)
  • 水…65g
  • 牛乳…70g
  • 強力粉…150g
  • 砂糖…大さじ1 (9g)
  • 塩…3g
  • ドライイースト…小さじ1/2(1.5g)
  • バター…30g(5g×6個に切り分けて冷やしておく)

作り方:

1) おもちを4つに切り、水と一緒に耐熱皿に入れる。ラップをして600wで2分半加熱し、おもちが柔らかくなったらスプーンでぐるぐる混ぜる(かたまりがあっても構いません)

もち

冷たい牛乳を注いで混ぜ合わせる。

2) ボウルに強力粉・砂糖・塩・ドライイーストを入れて混ぜておく。(1)を注ぎ、ゴムベラで3分ほど捏ねる。

もちパン生地

3) 約2倍の大きさになるまで1次発酵。(電子レンジオーブン35℃の発酵機能で約40分、もしくは常温で約1時間)

4) 6等分にして丸める。ゆるめの生地なので打ち粉(分量外の強力粉)を振りながら作業する。バターを包んで再度丸め、鉄板の上で20分ほど休ませる(2次発酵)

おもちが大変身!モチモチ&カリじゅわ~が簡単「バターミルクもちパン」

5) 180℃のオーブンで約13分、もしくはフライパンで中弱火で蓋をしながらじっくりと焼く。

焼き上がりにハケでお醤油を塗っても美味しいですよ!

*****

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝においしい!手作りパン&アレンジレシピ

湘南・辻堂のフランスパン教室から届く、手作りパンやアレンジレシピ♪
Written by

パン・料理家 池田愛実

パン・料理家

湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」主宰。ルコルドンブルーを卒業後、同校のアシスタントを務める。26歳の時に渡仏。MOFのパン屋2軒で働きながら経験を積む。「捏ねないフランスパンレシピ」や国産小麦・自家製酵母を使ったレシピを開発している。
blog :http://crumb.blog.jp
Instagram :@crumb.pain

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング