性格別に2タイプ!朝10分で気分があがるノートの書き方

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの新連載。朝時間を活用して人生を変えた池田さんに語っていただく、朝時間×ノートの使い方、考え方。年齢やキャリアに関係なく、夢を叶えるためのヒントが詰まっています。ノートを用意して一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第2回:新年は運命のノート選びからはじめよう(後編)

おはようございます。朝イチ業務改善コンサルタントの池田千恵です。

前編では、ときめくノート選びのコツを紹介しました。今回はノートにまず何を書いたら良いかについてお伝えします。

朝10分で気分があがる2つの方法

「マイストーリー」というと壮大なことを書かないと!と構えてしまうかもしれませんが、まずは手軽なところから書いてみましょう。ハードル低くはじめて「楽しさ」を実感することが大切です。今回は朝10分もあればできることをタイプ別に2つ紹介します。

  1. 頑張るのが好きな人は...今日起きる嬉しい出来事を朝「予測」して書いてみよう
  2. 頑張りすぎると疲れてしまう人は...昨日できたことを朝振り返って書いてみよう

順番に解説します。

今日起きる嬉しい出来事を朝「予測」して書いてみよう

「目標を達成しよう!」と3年後の目標を計画しようと思うと、やらなきゃいけないことが途方もなく多いような気がして、やる気がしゅわしゅわとしぼんでしまう経験ありませんか?

先すぎる目標は、リアリティをもって考えられないから頑張りようがないのです。でも、数時間後の未来なら、ちょっと頑張れば届く未来です。

こんな一日だったら最高だなあ!を3行だけ、日記のように書いてみましょう。

ノートを書く女性の手

テーマは何でもOK。例えば私は今ダイエットだったら、食欲をコントロールできて、昨日よりも体重が0.5kg減ったよ!という喜びを、まだ体重が減っていない今、予測して記録します。するとあら不思議。-0.5kg減った気分で、背筋をシャンと伸ばし、お腹も引っ込めて一日を過ごすことができるせいか、本当に体重が減っちゃうんです。

「今日は段取り良く仕事を進めることができて、定時で帰ることができた!」と宣言して書いていくことで、本当に段取りを意識することができるようになりますよ。

昨日できたことを朝振り返って書いてみよう

「ちょっと頑張れば届く未来」を書くのはプレッシャーになってしまってしんどい人は、昨日「できたこと」を箇条書きで良いのでノートに書いてみましょう。夜だとネガティブな感情に振り回されやすく、「できなかったこと」に気持ちがいってしまいがちなので、朝、昨日の出来事を振り返るのがポイントです。

前日の感情的な気持ちから抜け出すことができ、建設的なアイディアも生まれます。朝から「でかした私!」と自分をほめてから一日をスタートすることができます。

 

早起きは、自らの意思で人生を選択するための訓練です。朝のまっさらな状態の中で、良い気分を意図的につくるために、ぜひノートを活用してみてくださいね。

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング