BLOG

心がトゲトゲする時に。やさしさに包まれる大人の絵本、オススメ2冊

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、やさしさに包まれる本

なんだか心がトゲトゲするときは、この本を開いてみてください。素直になれないとき、涙がこぼれそうなとき、あなたをそっとハグしてくれる。そんな心やさしい友だちのような2冊の絵本を選びました。

ただ寄り添って。

一生懸命つくった積み木のお城を壊されてしまった男の子と、彼を慰めようとする動物たちのお話です。

ひざを抱えて泣くテイラーくんのもとに、さまざまな動物たちがやってきます。みんな口々にアドバイスをしたけれど、小さなウサギだけはなんにも言わない。そっとそばにきてくれた。「ぼくといっしょにいてくれる?」ウサギはテイラーにぴったりくっつきます。

寄り添うってとてもシンプルなこと。落ち込んでいるときや泣きそうなときは、ただ寄り添ってそばにいて。


ぼくの きもちはね
作:コリ・ドーフェルド/訳:石津ちひろ
出版社:光村教育図書

女の子の花束。

小さな女の子が道ばたに咲く花を摘んで誰かにあげると、まわりが少しずつ色づいて明るくなっていく。カナダの詩人と画家による詩情あふれる絵本です。

お父さんと手をつないで家に帰る道で、黄色いタンポポを見つけた女の子。通りの片隅にひっそりと咲く花を見つけては摘んでゆく。忙しげなパパは気づかないけれど。

女の子が胸に抱くブーケから誰かに花をあげるたびに、世界は豊かに花開く。思いがけず花をもらった誰かの心に、小さな女の子が輝きを残していきます。


おはなをあげる
作:ジョナルノ・ローソン/絵:シドニー・スミス
出版社:ポプラ社

くわしくはこちらの記事をどうぞ。
『ぼくの きもちはね』
『おはなをあげる』

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング