何度でも食べたくなる卵のおかず!「卵とわかめの袋煮」のお弁当

 

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第197回目は、卵1個でボリューム満点のおかず「卵とわかめの袋煮」をご紹介します。

かつおぶしの小パックを使うので、お昼までにかつおのうまみがしみこみ、出汁いらず!油抜き不要の薄揚げを使うと、あっという間にできますよ。

簡単ですが、何度でも食べたくなる美味しいおかずです。よかったらお試しくださいね。

何度でも食べたくなる卵のおかず!「卵とわかめの袋煮」のお弁当

何度でも食べたくなる卵のおかず!「卵とわかめの袋煮」のお弁当

(材料)作りやすい分量 2個分

  • 薄揚げ 1枚(50g) ※油抜き不要のもの
  • わかめ(乾燥) 大さじ1
  • 卵 2個
  • かつおぶし 小1カップ
  • 七味 適量 ※お好みで
  • (A)水 1/2カップ
  • (A)みりん 大さじ1
  • (A)しょうゆ 大さじ1
  • (A)砂糖 小さじ1

(作り方)

1) 薄揚げをまな板に置き、さいばし等で上からコロコロと少し力を入れて転がす(こうすると、中がはがれやすくなります)。

薄揚げをまな板に置き、さいばし等で上からコロコロと少し力を入れて転がす(こうすると、中がはがれやすくなります)。

2) 横半分に切って袋状にする。

油揚げを横半分に切って袋状にする。

※薄揚げは、油抜き不要のものを使うと忙しい朝には便利です。

油抜き不要の薄揚げ

3) コップ等の器に半分に切った揚げを入れて、わかめを分け入れる。

コップ等の器に半分に切った揚げを入れて、わかめを分け入れる。

4) 卵も割りいれ、上部を楊枝等でとめる。

卵も割りいれ、上部を楊枝等でとめる。

卵も割りいれ、上部を楊枝等でとめる。

5) 小鍋に(A)を入れて強めの中火で熱し、(4)を入れる。

小鍋に(A)を入れて強めの中火で熱し、(4)を入れる。

6) 蓋をして弱めの中火で5分程度煮る。途中上下を裏返して、しっかり火を通す。かつおぶしを入れて全体に煮からめつつ、汁気をとばす。

蓋をして弱めの中火で5分程度煮る。途中上下を裏返して、しっかり火を通す。

※卵が煮えて固くなったら火をとめて、そのまま鍋の中で冷まします。

お弁当に詰める時は、楊枝をとってお好きな形に切って。かつおぶしもからめたり挟んだりして一緒に入れると、お昼までにはさらにうまみが浸みこみます。

*****

卵1個で、ボリュームのあるおかずができるのが嬉しい袋煮。

詰める時には、一緒に煮たかつおぶしを挟むようにして詰めるのがおすすめ。お昼にはしっかりとかつおのうまみが揚げに浸みこみます。

作ってから食べるまでに時間のかかるお弁当だからこそ、美味しくなるおかずです。

何度でも食べたくなる卵のおかず!「卵とわかめの袋煮」のお弁当

卵とわかめの袋煮、ほうれんそうのお浸し、茄子のトロトロ煮、しいたけのフライ、塩鮭、つくね串、ゆかりごはんと梅干し。

前日の晩ごはんは、鍋!

鍋に入れたつくねは、火が通ったらお弁当分はとりだしておいて、翌朝照り焼きだれにからめて串に。

しいたけも、2個だけ鍋に入れずにとっておき、朝、衣をつけて揚げ焼きにすると、ちょっと嬉しい「しいたけフライ」。

茄子やほうれん草も前日の副菜の残り。色々と作り置きするのが面倒なときも、前日おかずの取り分けだと気がラクですね。

こんなふうに取り分けおかずが多い時は、卵のおかずをちょっとだけ頑張るとごちそう弁当に。お昼には出汁がしっかりしみた袋煮は嬉しいものです。

よかったらお試しください。


↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

料理研究家 かめ代

料理研究家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。現在は、WEBや雑誌の連載、企業へのレシピ提供等多方面で活動中。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」(イカロス出版)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)他。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング