忘年会シーズン到来!「二日酔い」を防ぐお酒の飲み方コツ3つ

忘年会

12月9日:今日は「しそ焼酎『鍛高譚(たんたかたん)』の日」

年末が近づいてくると、増えるのが「忘年会」!毎週忘年会があって大変だ…!という方も多いのではないでしょうか?

今日は、二日酔いを防ぐ飲み方についておさらいしましょう♪

忘年会シーズン到来!「二日酔い」を防ぐお酒の飲み方コツ3つ

【1】空腹のまま飲まない

まずは空腹の状態で飲まないこと!を意識しましょう。

空腹のままお酒を飲んでしまうと、アルコールの吸収スピードが速くなり酔いやすくなってしまうのだそう…。

血中のアルコール濃度が高くなり、それを分解するスピードが追いつかないため、二日酔いになりやすいのだとか。

飲む前には、なにか軽く食べようにしましょう!食べるのが難しい場合は、のむヨーグルトや牛乳を飲むのも◎

また、「夜は飲み会だから…」といって、ランチを抜いてしまう方もいると思いますが、サラダやおにぎりを食べておくほうが良さそうですよ。

【2】お酒を飲みながらお水も飲む

お酒を飲みながら、同じくらいの量の水も一緒に飲むことで、アルコールの影響を軽減できるのだとか。

また、アルコールは利尿作用があるため、脱水症状を引き起こしやすいです。水を積極的に飲むことで脱水症状も防ぐことができ、頭痛も軽減できますよ。

【3】家に帰ってきてからすぐに寝ない

飲み会のあとはどうしても「すぐに寝たい!」という気持ちになりがちですよね。しかし、すぐに寝てしまうとアルコールを分解するスピードが低下してしまうそうです。

そのため、朝起きると気持ち悪かったり、頭痛の原因になってしまうのだそう…。

アルコールが入った状態でお風呂に入るのはおすすめできませんが、ゆっくりと温かいお茶を飲むなどして、帰宅後1~2時間程度でも起きておくとよいのだとか。

お酒のせいで、いつも以上に眠たくなってしまうと思いますが、それを見越して早めに会を切り上げるなど、努力してみてください!

…いかがでしょうか。

楽しい忘年会ですが、二日酔いにならないよう、また、体調を崩さないように工夫しながら、楽しみたいですね!

「しそ焼酎「鍛高譚(たんたかたん)」の日」とは?

合同酒精株式会社をグループに置くオエノンホールディングス株式会社が制定。合同酒精のロングセラー商品であるしそ焼酎「鍛高譚」(たんたかたん)が2017年で発売25周年となるのを記念して。「鍛高譚」(たんたかたん)は北海道白糠町産の香り高い赤シソと、大雪山系を望む旭川の清冽な水を使用したさわやかな風味で人気のしそ焼酎。日付は「鍛高譚」(たんたかたん)の発売開始日の1992年12月9日にちなむ。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → http://apple.co/1pWvasG

この記事を書いた人
Nice to meet you!

コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪
Written by

なっちゃん

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターへ転身。グルメ、ライフスタイルの記事執筆が得意です。朝ごはんが大好きで友人と2人で朝ごはんのお店を紹介するブログ【「朝ごはんソムリエ」になってみた】を運営中。朝美人アンバサダーとしても活動を行っています♪

◆ブログ:http://asagohansomurie.blog.jp
Twitter:https://twitter.com/natvco

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング