あたため食材で冷えない体になる!簡単「温活朝ごはん」レシピ6選

西日本でも雪がちらつく日があるほど、寒さがぐっと進んできました。特に女性は「冷え」に弱いと言われており、腰に貼ったり靴底に仕込むカイロが欠かせない!なんて方も多いはず。

今日は、そんなカラダを内側から温めてくれる、以前の記事でご紹介した温活食材=「食べるカイロ」(根菜・かぼちゃ・味噌・鮭や魚介・豆乳・チーズ)を使った朝ごはんレシピ6選をピックアップしてみました♪

おもち入り照りマヨグラタン【かぼちゃでホカホカ!】

お正月を待たずに食べたくなる「おもち」とホクホクの温活食材かぼちゃを使った、一品でお腹があたたまりそうなココットグラタン。

おもちとかぼちゃに、照り焼き味のマヨネーズソース、チーズをかけてオーブンで焼くだけ!トースターを使う場合は火力が強く焦げやすいので、途中でアルミホイルをかけて中まで火を通すのがおすすめ。

ユキコタロウさんは作り置きの照り焼きソースを使っていますが、市販の照り焼きのたれを使ってもOKですよ♪

(おもちとかぼちゃの照りマヨココットグラタン by:ユキコタロウさん)

詳しいレシピをチェック>>

ごぼうとれんこんのスープ【根菜でホカホカ!】

カラダを温める定番食材である根菜(ごぼうやレンコン)、玉ねぎを使った、ヘルシーな温活スープ。

生ハムはベーコンなどで代用してもOK。また、ごぼうもレンコンも細かくカットすれば、酢水でなく普通の水でも十分アクが抜けるのだとか。

素材や味つけがシンプルな分、素材やオリーブオイルの風味をしみじみ味わえる一品です♪

(繊維たっぷり牛蒡と蓮根と玉ねぎのスープ by:ドラろうさん)

詳しいレシピをチェック>>

鮭の豆乳味噌汁【鮭・豆乳・味噌・にんじんでホカホカ!】

続いては、鮭、豆乳、味噌、にんじんという4つの温活食材をつかった、パワフル温活メニュー!

炒めずに煮るだけなので、濃厚だけれどさっぱりしていて、たくさん食べられそうなお味噌汁は、お鍋1つでできるのもうれしいですよね。

豆乳を加えたら、沸騰させないようにするのがポイントだそう♪

(鮭の豆乳味噌汁 by:ゆりりんさん)

詳しいレシピをチェック>>

簡単魚介リゾット【冷凍シーフードミックスとチーズでホカホカ!】

お手軽温活食材のシーフードミックスとチーズをたっぷりいれて作る、お手軽シーフードリゾット。

前の夜に材料を用意しておけば、翌朝は炊飯器にセットしてスイッチを押すだけ!炊きあがりにチーズをたっぷり混ぜて召し上がれ♪

(*炊飯器で作るとろけるリゾット* by:happyspiceさん)

詳しいレシピをチェック>>

チーズおかかおにぎり【チーズ・海苔でホカホカ!】

「朝はご飯派」さんにはこちら!温活食材チーズと海苔を使ったほっこりおにぎりです。

おかかとチーズと醤油を混ぜるだけ!おにぎりの中にも、上にものせれば、見た目もぐっとかわいくなりますね♪

プロセスチーズはもちろん、コンテやチェダー、ゴーダチーズなどを使っても◎

(意外な美味しさ♪チーズおかかおにぎり by:高羽ゆきさん)

詳しいレシピをチェック>>

ツナチーズトースト【海苔・ツナ缶・チーズでホカホカ!】

最後は、海苔・ツナ(魚介)・チーズという3つの温活食材を使った、温活トースト!

バゲットに、海苔、ツナ、チーズ、胡椒をのせてトーストするだけというお手軽さも、忙しい朝には嬉しいですよね♪

もちろんバゲットだけでなく、食パンやイングリッシュマフィンでアレンジしても◎

(海苔ツナチーズトースト by:nickyさん)

詳しいレシピをチェック>>

「食べるカイロ」な温活食材を使った朝ごはんレシピ、いかがでしたか?

温活食材といっても特別なものではなく、実は普段よく使っているものや、手に入りやすい旬の食材ばかりなんですよね。

朝ごはんでカラダがあたたまれば、元気に1日を始められるだけでなく、冷え・血行不順による不調の改善も期待できますよ。ぜひ、冬の朝ごはんメニューの参考にしてください♪

【こちらもオススメ☆】”食べるカイロ”で冷えない体!朝食おすすめ食材リスト

下着からカイロまで、寒さを乗り切るためのお洒落で便利な防寒グッズはたくさんありますが、1番の解決策はやっぱり、からだの内側から温めること!

食べてポカポカ温まる「食べるカイロ」な食材をご紹介します♪

詳しくはこちら >>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング