BLOG

等身大の自分のままでいい「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『赤毛のアン』の幸福論

『赤毛のアン』を読むとなぜ温かい気持ちに包まれるのか。物語に隠された「幸福」とは? 脳科学者の茂木健一郎さんが愛する作品を深く読み解きます。

20170215
「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法
著者:茂木健一郎
出版社:講談社

『赤毛のアン』は茂木先生の愛読書。小学生のときに出会いたちまち夢中になった。大人になっても『赤毛のアン』のための場所が心の中にずっとある。

そのなかで先生が気づいたのは、この物語には人として「幸福になる方法」が書かれているということ。「欠点だらけの自分の人生を愛するために」何をすればよいのかをアンが教えてくれる。

先生はアンをとてもぎこちない存在だという。赤毛でやせっぽちの孤児であることにコンプレックスを抱いている。癇癪もちでもある。一方で、豊かな想像力と鋭い感性で人を魅了する少女アン・シャーリー。

ぎこちないからこそ生き生きとしている。そんな不器用なアンのひたむきな生き方が、やがて幸福を見つける鍵となっていきます。

不器用でいい、等身大のままの自分でいい、みんなちがっていい……。赤毛のアンに共感しながら、自分のあり方を見つめる本です。以前ご紹介した『「赤毛のアン」が教えてくれた大切なこと』もぜひどうぞ。

Love, まっこリ〜ナ

***

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング