材料3つ、レンジで簡単!しっとり「芋ようかん」レシピ

 

毎朝更新「今日のヒント」では、ハッピーな毎日を過ごすための「今日」にまつわる情報や、過ごし方の提案、アイデアをお届けします♪

シンプルな3つの材料で簡単!芋ようかんを作ってみよう♪

40bd15078c9993692f51f3fb145b20e1_s

旬のさつまいもがおいしい季節ですね。ホクホクのおいもは、蒸したり茹でたり、シンプルな食べ方もおいしいですが、秋のおやつには、和菓子の定番”芋ようかん”を作ってみませんか?

和菓子というと繊細なイメージがありますが、これはとってもカンタン!しかも、材料は、さつまいも約400g、粉寒天2g、砂糖100g、この3つだけなんです。

寒天を使うのが初めての方も、レンジで加熱するので失敗なし。少ない材料で手軽に作れるうえ、上品な仕上がりなので、おもてなしや手土産にもおすすめですよ♪

ほくほく「芋ようかん」レシピ

<作り方>

1) さつまいもは2cmくらいの厚さに切り、水にさらしてから、ひたひたの水とともに鍋に入れ、やわらかくなるまで茹でます。やわらかくなったら水気を切り、熱いうちにつぶします。

※ちょっと手間がかかりますが、裏ごしすると滑らかな仕上がりになります。

2) 耐熱容器に粉寒天と砂糖を入れて混ぜ、100ccの水を加えて混ぜたら、ふんわりラップをかけ、電子レンジで2分ほど加熱します。

3) (1)が熱いうちに(2)を少しずつ加えて混ぜ、なめらかになったらラップをかけて、さらに電子レンジで約2分加熱。バットや保存容器など、型に入れて冷やし固めたら完成です。

調理のポイントは、なめらかな食感を出すために、さつまいもの皮は少し厚めにむき、水にさらしてアク抜きすることと、寒天はさつまいもが熱いうちに加えることです。コクのある上品な甘さに仕上げたいときは、黒糖を使うと◎

…いかがですか?材料も少なく、これなら簡単に作れそうですよね。

ちょっと意外かもしれませんが、さつまいもとチョコレートはとても相性がいいので、仕上げに削ったビターチョコやカカオパウダーをトッピングしてもおいしいですよ♪

~読者の皆さまへ~

いつも「今日のヒント」を読んでいただきありがとうございます。6月より連載させていただいた「今日のヒント」は、今日が最終回になります。

昨年の「今日は何の日」から約1年半、皆さまと朝の時間を共有させていただいたことに、心よりお礼申し上げます。のんびりやの私が今日まで続けてこられたのは、多くの読者の皆さまに読んでいただけたおかげです。毎日お付き合いいただき、ありがとうございました!

めまぐるしく過ぎていく日常の中で、あるいは毎日同じことの繰り返しの中で、旬の野菜を手にしたり空を見上げるとき、ふと心が動く瞬間に出逢えた時のささやかな幸福感。何気なく過ぎていく毎日でも、ちょっと目線や意識をかえてみると、思いがけない発見がたくさんあること。

これは、読者の皆さまや朝美人アンバサダーの皆さまに教えていただいた、私の宝物です。これからもこの想いを胸に、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

今後は朝時間.jp読者として、みなさまと朝の時間を楽しませていただきますので、どこかでお目にかかることがありましたら、そのときはどうぞよろしくお願いいたします♪

皆さまも心身ともに健やかで、ささやかな幸せいっぱいの毎日でありますように!

(編集部より)小原さん、長い間、毎日欠かさずに楽しいコラムを連載いただき、本当にありがとうございました!10月からは、編集部による「今日は何の日?」のコラムを毎日お届けする予定です。読者の皆さん、どうぞ、お楽しみに!

芋ようかんにも合う!美味しい紅茶の淹れ方&飲み方アレンジ

JW135_350A

和菓子には一般的に日本茶がよくあいますが、和風スイートポテトのようないもようかんは、ストレートやコクのあるミルクティなど、紅茶とも相性バツグン!

そこで今日はおいしい紅茶の淹れ方をご紹介します。寒くなるこれからの季節、朝は熱々の紅茶で目を覚ますのもいいですね♪

美味しい紅茶の淹れ方&飲み方アレンジはこちら >>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

毎朝のコラム「今日のヒント」

ハッピーな毎日を過ごすための「今日」にまつわるちょっとしたヒントやアイデア
Written by

小原由美子

シンプルに毎日を過ごしています。外国や日本の文化に触れているとき、美しい景色を見つけたときが、Happy!

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング