もう片付けた?「夏のサンダル」種類別お手入れ方法

 

毎朝更新「今日のヒント」では、ハッピーな毎日を過ごすための「今日」にまつわる情報や、過ごし方の提案、アイデアをお届けします♪

片付け前にしておきたい!サンダルのメンテナンス方法

2

まだ暑い日もありますが、もうすぐ10月。そろそろ衣替えのシーズンがやってきますね!

お洋服の入れ替えと同様に、忘れずにしておきたいのが、下駄箱の衣替え。そういえば、もうしばらく夏物のサンダルは履いていないな…そう感じた方は、そろそろ靴箱の点検&整理、入れ替えをしてみませんか?

これから、ブーツや、ボアやファー素材の秋冬シューズが活躍する季節。靴箱の中で、秋冬の靴を前に、夏のサンダルを奥に入れ替えるだけで、朝のお出かけがぐんとスムーズになりますよ。

もちろん、その前に必ずしたいのが、サンダルのお手入れ!今回は、種類別、サンダルのお手入れ方法をご紹介します。

種類別♪夏物サンダルのお手入れ方法

素足で履くことが多い夏物の靴は、どうしても、汗や皮脂、砂などで汚れがち。そのため、雑菌が繁殖したり、嫌なニオイがついたり…足のトラブルにつながることもあるので、キチンとお手入れしてからしまうのがベストです。

まずは、クロックスに代表される、水洗いできるタイプのサンダルは、洗ってしっかり影干しをすればOK!

一方、定番のスエード素材のコンフォートシューズなどは、水洗いは避けたいところ。そこで、スエード素材の場合は、消しゴムタイプのクリーナーで汚れをこすり、革の汚れを落としてからクリームを塗ったり、専用ローションを布につけて拭きます。

レザー(表革)タイプのサンダルは、濡れると変色したり、ウェットティッシュで拭くとシミになる可能性があるので、きつく絞ったタオルで全体を拭き、乾かしてから保革剤や防水スプレーでケアを。汚れがとれない場合は、革用消しゴムでクリー二ングをしたり、クリーナーでお手入れします。

いずれの場合も、「しまう前に、しっかり乾かすことがポイント」です。

また、靴箱やクローゼットの奥にしまう時は、靴箱に入れたりシューズキーパーを使うと型崩れ防止になりますが、身近な物をつかうアイディアとして、はかなくなった靴下に、ティッシュや新聞紙を詰めたものを靴に入れておくと、シューズキーパーの代わりに。

ポプリなどを入れると、消臭効果も◎です。

…いかがでしたか?ひと夏の汚れを落とし、きれいな状態で保管しておくと、次の春夏がきてもサッと取り出して、気持ち良く履くことができます。

「たくさん靴がありすぎて、お手入れも入れ替えも、まとめてやろうと思うとどうしても腰が重い…」(そして、そのまま秋冬に突入してしまいそう…)という人は、明日の朝から毎日10分だけ早起きして、朝の気持ちいい時間に、1~2足ずつお手入れしてみては?

ちょうど秋冬の靴が活躍する頃に、すっきり気持ちいい秋冬使用の靴箱に仕上がるかもしれませんよ♪

インテリアの統一感に悩んだら、覚えておきたい一番のコトって?

3

衣替え目前のこの時期は、クローゼットの中を片付けたり、秋冬モードに模様がえをすることもあると思いますが、テイストの違うものがあると、ごちゃついたイメージになってしまいがち。

そんなときは、色のトーンをしぼったり、ワンクッションあるテイストを取り入れると、全体的にまとまりがある仕上がりになるそうですよ!

インテリアの統一感にお悩みの方はコチラ >>

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

毎朝のコラム「今日のヒント」

ハッピーな毎日を過ごすための「今日」にまつわるちょっとしたヒントやアイデア
Written by

小原由美子

シンプルに毎日を過ごしています。外国や日本の文化に触れているとき、美しい景色を見つけたときが、Happy!

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング