スコーン生地を簡単アレンジ!アメリカの定番レシピ「フルーツコブラー」

 

おはようございます!

今日で11月最後の更新となりました。早いですね~。もう来週は12月なんですね。そしたらあっという間に今年が終わり…。考えるだけで恐ろしいので考えることをやめることにします(笑)

今月はスコーントリップということで、スコーンを食べて世界一周!というテーマでお送りしたのですが(勝手に)、最後はちょっと変わりダネでフルーツコブラーをご紹介します。

コブラーって何だかちょっと名前が怖い感じもしますが、(へびのような…ね。)全然怖くありません!とってもおいしい&簡単なアメリカの家庭料理なんです。

フルーツに生地を乗せて焼くだけというなんともお手軽な作り方なんですが、その生地がいわゆるスコーン(アメリカでいうところのビスケット)生地なのです。

生地を夜に作っておけば、朝は果物を切って焼くだけでオッケー!のんびり週末ブランチを楽しむことができますよ。(おお!やっとのんびりブランチらしくなってきたー)

旬なフルーツやお好きな果物を使って、週末、ぜひお試しください♪

洋ナシとバナナのフルーツコブラー

DSC0

<調理時間25分(焼成時間含む)2~4人分>

  • 薄力粉…100g
  • ベーキングパウダー…4g
  • 砂糖…20g
  • 塩…ひとつまみ
  • バター…30g(冷たいまま、角切り)
  • 生クリーム…65g
  • 洋ナシ…1個
  • バナナ…1本
  • 粉糖…少々

 

  1. ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れてスプーンでさっくりと混ぜる。
  2. 1に角切りにしたバターを加えて手のひらを使ってすり混ぜていく。ざっくり混ざったら、生クリームも加えて全体まとまるように大きくざっくりと混ぜる。手で一つにまとめたら、伸ばして折りたたむという作業を3回ほど繰り返し、2センチの厚さに整えて丸型で抜く。(余りは丸める)
  3. 洋ナシ、バナナは皮をむいて食べやすい大きさに切り、耐熱皿に並べる。その上に2の生地をおき、190度に温めたオーブンで20分ほど焼く。焼けたら粉糖をふって仕上げる。

週末ブランチは熱々のコブラーで決まり!そこに冷たいバニラアイスを添えて…なんてのも素敵ですね!それでは楽しい週末をお過ごしください。次回もお楽しみに~♪

☆インスタグラムでは毎日朝ごはんを更新中♪

noriko omotoインスタグラム (ID…lilico_petit)

☆ブログ

ハレの日ごはん (http://ameblo.jp/petitcocotte/)

大本紀子

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

週末のんびりブランチレシピ[連載終了・全76回]

休日の朝に作りたい、簡単おいしいブランチレシピ!テーブルコーデもチェック[連載終了・全76回]
Written by

大本紀子

(ナチュラルフードコーディネーター/第3代レシピの女王)
3人の子どもを持つフルタイムのママ。料理テーマは「時短・簡単・ポップでキュート!」好きなことは、食べ歩き、ファッション、キッチン雑貨、パン、ベーグル、スコーン、マフィン、ビスコッティ、お好み焼きなどの粉もの。
ブログ:「ハレの日ごはん」
近著:『大本さんちのハレの日おやつ』 『まいにちがハレの日ごはん』

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング