BLOG

早起きできる晩ご飯/身体が目覚める朝ご飯のポイント

 

IMG_8729

こんにちは。株式会社 朝6時の池田千恵です。

先日愛媛県松山市に講演で行ってきました。講演前に、朝6時半から入れる道後温泉 椿の湯へ。

 

道後温泉本館は朝イチから観光客で混み混みですが、椿の湯は地元のおばあちゃんたちがメイン。おばあちゃんに、お湯がたくさん流れてくる場所を譲ってもらったり、「東京からきたの?ゆっくりしていってね」と優しい声をもらったりしてほっこりしました。おかげ様で講演もうまくいきました!

 

さてさて。掲題の件です。

「早起きできる晩ご飯/身体が目覚める朝ご飯のポイント」を今回は紹介します。

IMG_8692

 

良い目覚めは夜の準備から。まず、夜のポイントを2つ。

==============
●消化が良いもの
●身体が温まるもの
==============

寝付きが良くなり、安眠をサポートする食事を摂るのがおすすめです。具体的には、うどん、にゅうめん、キムチクッパなどが良いと思いますよ。

 

次に、身体が目覚める朝ごはんのポイントは3つ。

==============
●前日に仕込んで朝の手間がかからないもの
●歯ごたえがあるもの
●脳の働きを活性化させるもの(糖質・ビタミンB1・酸味)
==============

朝はバタバタしがちなので、温めるだけ、焼くだけなど、シンプルな調理で済むものが良いでしょう。また、歯ごたえがあるものを良く噛んで食べることで、徐々に脳が目覚める感じがしてきます。糖質やビタミンB1、酸味があるものもしゃきっと目覚めるためにおすすめですよ。

具体的には、きなこ・砂糖・卵で作った卵液にパンを付けておき、朝焼くだけにしたフレンチトーストや、キャロットラペ(にんじんの千切りをフレンチドレッシング液につけたサラダ)などがおすすめです。

具体的なレシピは、拙著『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!(マガジンハウスムック)』にもくわしく説明してありますので、もしご興味あればぜひ。

4jimook

 

================
★池田千恵主宰 早朝グルメの会 今まで行ったお店レポートはこちら
http://ikedachie.com/blog/?cat=2
★池田千恵Twitterでは、日々「朝」に関する情報をつぶやき中です
https://twitter.com/ikedachie

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング