BLOG

人気恋愛小説家のアメリカ暮らしエッセイ、緑と光あふれる森の日々

 

今日のカフェボンボンの本棚は、『ウッドストックの森の日々』

アメリカ在住の作家・小手鞠るいが米国人の夫と過ごす緑あふれる森の暮らし。ニューヨーク州郊外、ウッドストックでの日々を心温まる筆致でつづります。

20151017
ウッドストックの森の日々
著者:小手鞠るい
出版社:ポプラ社

恋愛と同じくらい、魅力的な森の生活。「いいえ、もしかしたら恋よりも素敵」と恋愛小説の名手は書く。

雨の日も風の日も森に会いにいく。小川のせせらぎ、動物や鳥の声、樹木のこすれあう音、りすの木登りの音。心が澄みきるにつれ、森の音がくっきりと聞こえてくる。

森に行けない時、森が恋しいと体が叫ぶ。森の小道を歩けば、からからに渇いた心が潤い「森が体のなかに満ちてくる」のだ。

家の修理をめぐる騒動はまるで映画の『マネー・ピット』のようだけれど、どんな苦労も森が見守っていてくれる。自然の優しさに抱かれながら人生がゆっくりと深まっていく。

ウッドストックの森の「朝時間」は、雨あがりの朝。オークの葉っぱが空から舞い降りてきた秋の日です。

綿毛や羽根や樹氷のかけら。著者は空からの贈り物を静かに受けとめる。シンプルでロマンチックな森の日々に心癒されるエッセイ。深い余韻を残す一冊です。

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/author/14/

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング