苦味がやわらぐ簡単レシピ!ピーマンの塩ゆでのお弁当

 

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第8回目は「ピーマンの塩ゆでのお弁当」をご紹介します。

これから夏にかけて安くて美味しいピーマン!緑色も美しく、お弁当に簡単に美味しく入れることができたら便利ですよね!是非、ピーマンを買ったら、一袋全部、塩ゆでにしてみてください。

コツは繊維に対して横に切ること。適度にカーブするので、お弁当に詰めやすいのはもちろんのこと、茹でると苦味がやわらぎ、とても食べやすくなります。塩味がついているので、ほんの少ししょうゆをまぶしたり、かつおぶしや炒りごまを和えたりするだけで美味しい。サラダの材料や肉巻きの芯にしても♪ 切ってゆでるだけ!是非お試しくださいね。

 

ピーマンの塩ゆでのお弁当

おべんとう2

(材料)作りやすい分量

  • ピーマン 5~6個(200g)
  • 水 3カップ
  • 塩 小さじ1

(作り方)

① ピーマンは、縦半分に切り、種をとって横に5mm幅に切る。

② 鍋に分量の水と塩を入れて強火で熱し、沸騰したら①を入れて30秒程度茹でる。

レシピ(ピーマン)

③ ザルにあげて、そのまま水にさらさずにうちわ等であおいで冷ます。

レシピ(ピーマン)2

 

※1%の塩分量の塩水で茹でるとほどよく塩味がついて、緑色も鮮やかに保てます。ほんの少しのしょうゆや炒りごまで和えると美味しいですよ。

※緑色を美しく保つには、茹でた後冷水につけて色止めするのが一般的ですが、お弁当に入れるため、できるだけ水分をなくして痛みにくくしたいので、茹でた後ザルにあげて冷ましています。

水分がしっかり蒸発するので、よく水気が切れます。

***************************

 

ただ茹でるだけですが、ピーマンのくせや苦味がやわらいでとても食べやすくなります!

おべんとう1

こちらは、夏の定番弁当。

さっぱりとしたささみと青じその揚げ焼き(たたき梅のせ)と、ツナとにんじんのしりしり(作り置き)、と一緒に。ピーマンの塩ゆでは、炒りごまとほんの少しのしょうゆで和えて入れています。

野菜は、一度にたっぷり作り置きしておくと、お弁当に色々とアレンジできて本当に便利ですよ。ピーマンの安い大袋を買ったら、是非塩ゆでにしてみてください。

さて。今週もぼちぼちお弁当作り頑張りましょうか~

 

↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

料理研究家 かめ代

料理研究家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。現在は、WEBや雑誌の連載、企業へのレシピ提供等多方面で活動中。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」(イカロス出版)、「ホットプレート黄金レシピ」(イカロス出版)他。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング