ワーキングママの「優先順位づけ」で朝を楽しむ|小林博子さん(ウェブサイト編集長)

 

File104  ウェブサイト編集長 小林博子さん

profile

『衝撃!「何時に起きてもどちみち眠い」って!?』

プロフィール

妊娠・出産・マタニティ情報サイト「ニンプス」編集長。2009年より編集部に所属し、2014年4月に第2子の育児休業から復帰と同時に編集長に就任。夫、8歳男児、1歳女児との4人暮らし。お母さん向けWEBサイト「ca-sun」でもコンテンツ制作に参加。ノルウェーのベビーアイテムブランドSTOKKE製品を中心に、気になる育児グッズやお出かけアイテムを紹介するブログ「ニンプス編集長のBaby Life」も更新中。

普段、朝はどのように過ごされていますか?


朝日を浴びるといいと聞くので、起きたらまずベランダに出るのを習慣にしています。そして、育てているトマトやアサガオに水をあげます。アサガオは毎年春に息子と種をまき、一緒に育てるのが我が家の春夏の恒例行事。きれいなお花が咲く夏の朝が今年も楽しみです。
それから、家族みんなを笑顔で送り出すことも欠かせない朝の習慣。これができればその日1日ハッピーに過ごせます。
最近ハマっていることは、インスタグラム。中でもハッシュタグ「朝ごはん」や「breakfast」で、いろいろな人の素敵な朝ごはんの写真を見るのが楽しいです!

※Instagram(インスタグラム)は写真の編集・投稿アプリ

 

 

私だけのとっておきの朝の楽しみを教えてください。

 

パンやコーヒーが大好きなので、「朝ごはん」です!授乳中の今はお腹がぺこぺこで目が覚めることもあり、朝からたくさん食べています。定番メニューはパン、ミルクティーまたはカフェオレ、ヨーグルトがけグラノーラ、フルーツです。
普段、夫とゆっくり話ができるのは朝ごはんのときだけなので、大切な家族の時間でもあります。(本当は小学生のむすこも一緒に家族全員でというのが理想ですが…。いつかは!)
朝ごはんのために外出先でおいしそうなパン屋さんやジャムを見つけるのもわくわくする瞬間です。ジャムはどんどん買ってしまうので、冷蔵庫の中はジャムだらけです(笑)。

 


 

 

ワーキングママとして、家庭とお仕事を両立させるために、朝はどのような工夫をしていますか?

まだまだ娘に手がかかるため、娘が寝ている間に自分の身支度をある程度終えておくこと。そして保育園に送っていくのを夫に担当してもらっていること、くらいです。
(娘は自転車通勤の夫におんぶされて登園しています。)

朝はなるべく心穏やかにゆっくり過ごしたいので、洗濯や部屋の片づけは前夜になるべく済ませてから寝るようにしています。とはいえ子どもたちと早い時間に寝てしまうことも多いのが現状ですが、夫と「家のことの優先順位」を決めてあって、掃除や洗濯は優先順位「低」。
部屋が散らかっていたり、洗濯物がたまっていても無理にやらなくてもいいことになっています。家事をして朝からバタバタと過ごすよりは、朝時間を楽しむことを大切にしています。

 

 


 

 

朝の美容法や健康管理について教えてください。

夜中に授乳をしているので、朝にはのどもカラカラ。朝イチで摂る水分はなるべく美容と健康にいいものを心がけています。起きてすぐにまず、お白湯を飲んで胃腸や体を温めるようにしています。気分によってヴェレダの「白樺 エリキシール」シロップを入れることも。
その後、朝食までの間に青汁パウダーをリンゴジュースに溶かしたものを1杯飲みます。リンゴジュースで割る理由は、単純に味がおいしくなるから。グリーンスムージーにチャレンジしていた時期もありましたが、娘に手がかかる今は作る手間がかからないこちらに落ち着いています。 

 


朝時間.jpをご覧のみなさんにメッセージをお願いします。

早起きが苦手だった私にとって衝撃だった言葉があって、それは「何時に起きてもどっちみち眠い」。毎朝早起きをして、素敵なライフスタイルを送っている方を取材したときに言っていた言葉です。朝に強い人も「ちょっと眠いな」と思いながら起きていると思うと、自分でも早起きできそうだと思えますよね!

娘がまだ小さく、自分の時間がなかなかとれない毎日ですが、ほんの短時間でも自分のための時間があると、やはり違います。それがさわやかな朝だとポジティブな気持ちにもなれるし、いいことづくめです。

私は子どもと過ごすようになり、朝は早く起きて、夜更かししない習慣が身に付きました。妊娠・出産は女性にとってライフスタイルが大きく変化するタイミングでもあります。なかなか思うように自分の時間が使えなくはなりますが、その分限られた時間を有効活用する術が自然と身についていくはず。子育てに忙しいママさんこそ、「自分時間」は、ぜひ朝に持ってもらいたいなと思います。

 

朝美人のある一日の過ごし方

小林博子さん(ウェブサイト編集長)

6:30
起床
6:45
スキンケア、メイク、着替えなど身じたく
7:00
息子起床、息子が朝食を食べる間は一緒に座り、飲み物を飲む
7:30
息子が小学校へ。ニュースを観たり、ブログを更新したりの自由時間をとる
8:00
朝食づくり
8:15
娘を起こし、夫と3人で朝食
9:00
夫が出勤(途中で娘を保育園に送ってくれる)
9:10
出勤。通勤時間は電車で約1時間
10:10
会社到着
10:20
記事の更新や、打ち合わせ
12:30
会社のみんなでランチタイム
14:00
取材や打ち合わせで社外に外出することも
16:40
退社
17:45
いったん帰宅。自転車で娘のお迎えへ
18:15
帰宅し、夕食づくり
19:15
子どもたちと3人で夕食
20:00
子どもたちと3人でお風呂
21:00
絵本を読むなど、子どもたちとベッドでゴロゴロ
21:30
子どもたち就寝(そのまま朝まで寝てしまうことも)
22:00
洗濯や、部屋の片づけ、翌日の準備など
22:30
夫帰宅。夫に夕食を出す
23:30
就寝


 

今回のインタビューはワーキングママ。妊娠・出産・マタニティ情報サイト「ニンプス」の編集長を務める小林博子さん。朝から家事を無理して済ませるのではなく、朝時間を楽しむことを優先させるというのは素敵です。忙しいママこそ、気分転換になる心地よい時間を作ることが大切ですよね。
そして、冷蔵庫がジャムだらけ…私もまったく同じです(笑)。朝から気分に合わせて選ぶという楽しみがあるっていいですよ!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング