ボディコアを鍛える vol.2 リバースブリッジ

0208_00.jpg

0208_01.jpg

1.丹田をしっかり天井に押し上げ、リバースブリッジの形になる。

0208_02.jpg

2.1の状態から丹田の位置を変えず(ひきあげたまま)、ひざをまげ、ひざに頭頂を近づける。この時、背中と太ももはくっつけず、たまごを抱えているようなイメージで。

0208_03.jpg

3.かかとをあげたまま、頭を前方につきだし、アーチ状になる。

0208_04.jpg

4.背中をアーチ状にしたまま、かかとを床の方に押す。

朝ヨガでキレイのヒント

この動きは、前回紹介したキャットシリーズを何度かやってハムストリング(太ももの裏の筋肉)やおしりの筋肉がほぐれてきてから挑戦すると、効果的です。どの形をとったときも、カラダのつながりを意識してみることで、ボディコアに効いてきます。繰り返すことによって、「あ、ここか」とわかる時がくるはずです。カラダをしっかり伸ばして、ひっぱりあってみましょう!!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング