お正月明けの今こそ!「体内時計」を整える2つの方法

 

1月6日:今日は「まくらの日」

今日は、まくらの日。皆さん、最近しっかり眠れていますか?

私は…白状すると、年末年始、食べて寝てを繰り返し、昼夜逆転生活を送っていました。その結果、最近は少し早起きが辛くなっています。

睡眠不足の女性

お正月休み明けのこの時期は、私以外にもそのような方が多いのではないでしょうか?今日は、明日からできる!「体内時計」を整える簡単な方法を2つご紹介します。

【1】朝起きたら「太陽の光」を浴びる

朝時間.jpの連載でもおなじみの睡眠改善シニアインストラクター 竹内由美さんによると、太陽の光には体内時計をリセットする効果があるのだそう。

私たちの体に備わっている体内時計の1日のリズムは、24時間より長くなりがちです。そのため、夜更かしは得意なのです。

夜更ししても朝に気持ちよく起きるためには、朝起きたら太陽の光を浴びること。すると、体内時計が24時間に調整され、眠りに関わるメラトニン分泌も止まります。

同時に、以前の記事でも述べた「セロトニン分泌」が促され、眠気がとれて精神的に安定して過ごせるようになります。

出典:連載『教えてユミ先生!睡眠のお悩み解決室』内「原因は平日の睡眠不足かも!休日の二度寝を解消する朝習慣」

 

カーテンを開け、ただ太陽の光を浴びるだけ!これだけで効果があるのならば、やらなきゃ損、と思いませんか?

【2】必ず「決まった時間に起きる」ようにする

私たちの体には睡眠覚醒リズムだけでなく、体温のリズム、自律神経のリズム、ホルモンのリズムなど、いろいろなリズムがあり、互いに同調しあってベストな状態に保たれています。

その睡眠覚醒リズムが乱れると、睡眠だけでなく体の調子も乱れやすくなり、それがさらに睡眠覚醒リズムを乱す原因になります。

夜更かしを避けて毎日同じ時間に起きることで、そのリズムが整いやすくなり、朝すっきり目覚められるように。結果、早起き習慣を継続することにつながりやすくなります。

出典:連載『教えてユミ先生!睡眠のお悩み解決室』内「睡眠のお悩み解決!長続きしない「早起き」を習慣にするコツとは?」

「平日は早く起きるけれど、土日は遅くまで寝ている」

「寝る時間によって、朝起きる時間は変えている」…という生活を続けていると、体内時計やリズムが狂ってしまうそう。

本当はお正月休みや夏休み、週末なども同じ時間に起きるのがベストではあるそうですが、リズムが乱れてしまったあとも、毎朝同じ時間に起きるよう気をつけてみると、リズムや体調がはやくもとに戻るかもしれませんね!

いかがでしたか?どちらも、無理せずに取り入れられる簡単な方法。私自身、この方法で体内時計を整えたいと思っています!この機会に一緒に取り組んでみませんか?

「まくらの日」とは?

千葉県柏市に本社を置き、枕を中心とした寝具のインターネット販売などを手がける「まくら株式会社」が制定。毎日使う生活の中でも身近な枕に日頃の感謝を込めて、その大切さを見直すのが目的。日付は枕を英語でpillow(ピロー)と呼ぶことから1をピンの「ピ」と読み、6を「ロー」と読んで「ピロー」となる1月6日に。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング