BLOG

年末の体をレスキュー!「食べ過ぎリセット」ヨガポーズ2つ

 

ホットヨガスタジオLAVAのトップインストラクターのみなさんによる連載「心とカラダを磨く!LAVAのセルフエステヨガ」では、おうちでできる心とカラダを磨くセルフエステヨガをお届けします♪(毎月第2、4水曜日更新)

皆さん、おはようございます!ホットヨガスタジオLAVAトップインストラクター 元石卿子です。

あっという間に今年も残りわずかとなりました。クリスマスに大晦日…華やかな行事が続き、普段より食事量が多くなりがちな時期。楽しい食事の後は、体重が増えないかな…と不安がチラつくことはありませんか?

「今日の食事分をリセットできればいいのに」と、食後に願った経験がある方も多いはず。

ということで今回は、毎年お決まりのように訪れる、食べたい!けど太りたくない…このジレンマを解消する、「食べ過ぎリセットヨガ」をご紹介します♪

年の瀬、せっかくなら体重のことは気にせずに、心もカラダもご機嫌な年末を過ごしましょう!

年末の体をレスキュー!「食べ過ぎリセット」ヨガポーズ2つ

“食べ過ぎると太る” これは当たり前のことですが、一体どれくらいの時間を経て、食べたものは脂肪に変わるのでしょう?

食事から摂取した糖や脂質は、代謝や運動によって消費され、48時間を経過しても使いきれなかった場合に、「脂肪細胞」として体内に蓄えられます。その後「脂肪細胞」は、約2週間かけて肥大化し、見た目でわかる体型の変化を及ぼすと言われています。

つまり、摂取したエネルギーを脂肪に変換させないために、48時間以内に対策を打つ必要があるということ!そこで取り入れたいのが、エネルギー消費率の高いヨガポーズ。

今回ご紹介するのは、全身の中で特に大きな筋肉がある太ももとお尻を鍛え、同時に、上体をねじることで、脂肪が付きやすいお腹を引き締められる「ねじった椅子のポーズ」。数あるヨガポーズの中で、エネルギー消費率が高く、キープ中にカラダが熱を生み出すのが感じられ、心までエネルギッシュにしてくれます!

心もカラダも軽くしてくれるポーズなので、食べ過ぎたかも!?という翌日の朝、是非お試しください♪

【1】お腹を引き締める!「ねじった椅子のポーズ」

1) 両脚をそろえて真っすぐ立ち、胸の前で両手を合わせる。

ねじった椅子のポーズ

2) 息を吸って、吐きながら膝を曲げる。太ももと床が平行になるところを目指し、お尻を後ろに引く。

ねじった椅子のポーズ

3) 息を吸って背筋を伸ばし、息を吐きながら上体を右にねじる。左肘を右太ももの外にかけ、このまま3呼吸キープする。目線は天井方向へ。

ねじった椅子のポーズ

4) (ここからはチャレンジポーズです)呼吸とカラダが落ち着いていれば、息を吸って両腕を大きく上下に開く。

ねじった椅子のポーズ

ポイント

  • つま先より膝が前に出ないよう、脚の付け根を引き込み、お尻を斜め後ろに引く。
  • 両ひざを正面に向けたまま上体をねじる。
  • 背中が丸まらないよう、常に背骨は伸ばしておく。

【2】バストリカ呼吸

食後48時間以内の運動が脂肪蓄積を防ぐ上で大切と述べましたが、行事が多い年末年始、なかなか運動をする時間がなく、エネルギー消費が追いつかなかった場合はどうすれば?気になりますよね。

大丈夫、まだ打ち手あります!摂取エネルギーが脂肪細胞に変換されたとしても、ボディラインに影響を与えるまでの期間に、脂肪燃焼を促し続ければいいわけです。

脂肪燃焼を促すとは、つまり体内で熱を生み出し続けること。

これは筋力トレーニングでも叶いますが、2週間ずっとし続けるのは少し大変そう…そこでおすすめなのが、ヨガの呼吸法のひとつ、「バストリカ呼吸」。

腹圧をかけながら、勢いよく鼻呼吸をすることで、体内で一気に熱を生むことができる上、腕の上下運動により、「褐色脂肪細胞(脂肪燃焼効果がある細胞)」が集まる肩や肩甲骨周辺を刺激できるので、まさに、“脂肪を燃やせる効率的な呼吸法” というわけなんです!

座ったまま手軽にできるので、忙しい年末にも簡単にできますね!隙間時間にぜひ取り入れて、楽しい年の瀬をお過ごしください♪

1) 背筋を伸ばして座り、腕を左右に開き、両肘を曲げて顔の横で拳を握る。(あぐらや椅子に座って行っても構わないが、いすれにしても、背筋を伸ばしておくこと)

バストリカ呼吸

2) 鼻から勢いよく息を吸って、両腕を上に伸ばし手指を大きく開く。

バストリカ呼吸

3) 鼻から勢いよく息をいて、腕を左右に開きながら、両肘を曲げ、顔の横で拳を握る。一秒に一度肘を曲げるくらいのペースで、テンポよく(2)と(3)を20回繰り返す。

バストリカ呼吸

4) 20回終えたら、両手のひらをももの上に置き、呼吸が落ち着くまで静かに呼吸を繰り返す。(2)~(4)を1セットとし、2セットを目安に行う。

バストリカ呼吸

ポイント

  • お腹をへこませながら、鼻息がシュ!と聞こえる程度、勢いよく息を吐き切る。
  • 腹圧がかかる呼吸法のため、食後2~3時間以内は避ける。

【お知らせ】おうちで「至福の睡眠ヨガ」を楽しもう♪

至福の睡眠ヨガ

12月より、LAVAオンラインヨガサービス「うちヨガ+」にて私がレッスン担当をしている「至福の睡眠ヨガ」は、“睡眠の質を高める”をテーマに、脳とカラダを眠るための理想の状態に整えるプログラムです。

ブレインスリープ社と共同開発し、科学的に「睡眠の質向上」の効果も実証されています。睡眠の質を向上させることで、日々を健康に快適に過ごしてほしいという想いから開発しました。おかげさまで、以前に比べ倍近くのお客様に受講いただいています。

年末年始で生活リズムが乱れてしまい、不規則になると睡眠の質も落ちてしまいます。せっかくの年度末、睡眠の質を高め、今年度の疲れをたっぷり癒して頂くためにもぜひ、おうちからオンラインで参加できる「至福の睡眠ヨガ」を試してみてはいかがでしょうか?

「至福の睡眠ヨガ」スタート!LAVAオンラインヨガサービス「うちヨガ+」 >> https://yoga-lava.com/uchiyoga/

今回のブログを担当したのは…

ホットヨガスタジオLAVAのトップインストラクター元石卿子さん

ホットヨガスタジオLAVAトップインストラクター2021 元石卿子(もといしきょうこ)さん

詳しいプロフィール:https://yoga-lava.com/top_instructor/instructor_19.php
Instagram:@kyoko.motoishi_topir
ホットヨガスタジオLAVA:https://yoga-lava.com/

☆次回は、1月12日(水)にUP予定です♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

心とカラダを磨く!LAVAのセルフエステヨガ

公式ブログ
Written by

ホットヨガスタジオLAVA

体験者200万人以上※、全国430店舗以上を展開する日本最大規模のホットヨガスタジオ。「ヨガを通してひとりでも多くの人を幸せに」という想いのもと、日本人の体型・体質に合わせたプログラムづくりに取り組み、老若男女、幅広い世代に支持されている。発汗しやすい温度・湿度環境で、カラダも心もクリアな状態へ導くホットヨガに加え、常温ヨガ、フローティングヨガ、サーフィンヨガなど豊富なプログラムを提供。レッスンの1時間が、人生をより豊かにするための時間になるよう、カラダの悩みに応えたレッスンや、海外で流行のプログラムを取りいれるなど、時代のニーズに沿った誰もが楽しめるヨガを生み出し続けている。※2019年11月時点

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング