まるで本場の味!お取り寄せしたい名古屋グルメ「赤からきしめん」

 

10月26日:今日は「きしめんの日」

今日は、きしめんの日。

私が初めてきしめんを食べたのは、もちろん名古屋。なんとなく立ち寄った駅構内の立ち食いきしめん店でいただいたきしめんがあまりにもおいししくて …たちまち虜に!

それからというもの、きしめんをお取り寄せして自宅で楽しむようになりました。

今日は、そんな私が夢中になっている、おすすめのきしめんをご紹介します◎

くせになるおいしさ!お取り寄せできる「赤からきしめん」

赤からきしめん

赤からきしめん1食入

赤からきしめんは、名古屋味噌と赤唐辛子をブレンドした旨辛スープが特徴の『赤から』名物「赤から鍋」 のスープに、きしめんを入れた商品。

このきしめんに、たっぷりの野菜やお肉を加えてアレンジし、アツアツの状態でいただくと…本当においしいんです!

赤からきしめん

どんなお野菜も合いますが、私のおすすめは白菜や長ネギ。ほかに、油揚げ、豚バラ肉などのたんぱく質も相性抜群です。

卵を落として味わいをマイルドにするアレンジもおすすめ。

赤からきしめん

きしめんといえば、麺の平たさが特徴ですよね。面が広いぶん、スープがよく絡みます。食感はモチモチとしていて、つるっとしたのど越しも楽しめますよ。

辛い物が苦手、という方にもおすすめできるくらい辛さは控えめ。おいしく楽しめる範囲の辛さなので、最後まで無理なく食べ切れます。今回は袋めんをご紹介しましたが、カップラーメンチルド麺も販売されています。

モチモチした食感がクセになる、きしめん。寒くなるこれからの季節にぴったりな1品ですよ。ぜひお取り寄せを試してみてください♪

「きしめんの日」とは?

愛知県の名物「きしめん」をもっと多くの人に食べてもらおうと、愛知県名古屋市の「愛知県製麺工業協同組合」が制定。日付は食欲の秋である10月と、「きしめん」の特徴であるツルツル感を2(ツ)と6(ル)で表した26日の組み合わせから。「きしめん」は茹でた麺に熱いつゆをかけ、油揚げや鶏肉などの具と共にかつお節やネギを入れて食べることが多く、これからの季節はさらに美味しくなる。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング