ダメな自分のままでもOK!朝ノートで気持ちをパッと切り替えるコツ

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第23回:何度でも挑戦できる!「戦略的先送り」ノート術(前編)

おはようございます!国家資格キャリアコンサルタントの池田千恵です。

この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

連載23回目の今回は、ダメな自分のままうまくいくノートの書き方について解説します。

ノート

本日発売!朝活手帳2022より「戦略的先送り」法をご紹介

朝活手帳2022

私がプロデュースしはじめて12年目となる朝活手帳2022』が、本日10/1より書店、文具店でも発売となりました!(ネット書店では9/17より先行発売中です)

朝活、そして早起きは、365日毎日続く小さな挑戦。ときには「頑張ったのにできなかった…」ということもあるでしょう。

早起き初心者さんは特に、朝イチで「できなかった…」となるとやる気が続かないので、たとえ失敗しそうになっても、朝イチで自分に「できた!」といえるような心の立て直しが必要です。

そこで今回は、朝活手帳の機能から、書き出すことで気持ちをパパッと切り替える効果的な方法をご紹介。朝活手帳をお持ちでない方も手帳やノートにかけば簡単にできるものをピックアップします。

明日は寝坊してしまいそう…そんなときは「戦略的二度寝」が正解!

戦略的ノート

私はよく「戦略的二度寝」という言葉を使います。

特に今は、ショートスリーパー疑惑の息子(5歳)の寝かしつけが遅くなることが多いので、そんなときは、寝る前に「明日は戦略的二度寝する!」と決めてしまい、手帳に「寝る!」と書きます。

二度寝する!と決めても、習慣化しているので朝4時には一度目が覚めてしまうのですが、前日に決めた「戦略的二度寝」を実行しよう!と思うと、幸せな二度寝時間を味わえます。

そう、「戦略的」はとっても便利な言葉です。

失恋だって、「戦略的失恋」といえば、もっともっといい人と出会うための別れだったと思えます。

計画の先送りだって、意志薄弱で先送りしたんじゃなくて、私は、自分で決めて「戦略的に」先送りしたんだ!と思えれば、気持ちが切り替わりますよ。

三日坊主を何度も繰り返していい

ノート

先日ある方から、素敵な言葉を聞きました。

「三日坊主も続ければ習慣になる」

三日坊主になっちゃった…とやめるのではなく、三日坊主をずっーと、続けていけばいいんです。

そのためにも、上手に「戦略的」を使って、自分の気持ちをあげていきましょう!

明日公開予定の後編では、すべきこと、したいことの「戦略的先送り」の方法について解説します。どうぞお楽しみに!

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆後編「やり残しは書き換えて再チャレンジ!『戦略的先送り』ノート術」は、10/2(土)公開予定です。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。国家資格キャリアコンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング