mufflerは死語!?首に巻く「マフラー」を英語で言うと

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

マフラーを巻いた女性

mufflerは死語!?首に巻く「マフラー」を英語で言うと

寒い時には大活躍のマフラー。何気なく使ってるこのカタカナ言葉ですが、英語で “muffler” と言ってもネイティブに通じないことがあります。

いわゆる「マフラー」と言いたい時、英語では

マフラー:scarf

と表現するほうが一般的です。

例)
A: I don’t want my scarf to get dirty, so I’m going to take it off.(=マフラーが汚れたら困るから、外すね)
B: That would be good.(=それがいいよ)

「マフラー」は和製英語というわけではなく、英語の “muffler” はあの「マフラー」で間違いありません。しかし現在の “muffler” はほぼ死語に近いため、相手によっては通じない可能性があります。

「マフラー」と言いたいときは “scarf” と訳すのが無難ですよ。

ちなみに「マフラーを巻く」は

マフラーを巻く:put on a scarf

です。

例)
A: Let’s go!(=行きましょう!)
B: Wait a minute. I’m putting on my scarf.(=待って。マフラーを巻いてるから)

“wear a scarf” と言ってしまうとマフラーを巻き終わった状態になりますので、“wear(すでに身につけている状態)” と “put on(身につける動作)” は正しく使い分けましょう。

これから、だんだん寒くなる冬、マフラー(scarf)を巻いて乗り切りましょう!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング