今すぐ“やりきる体質”になるために!朝ノートは「定点観測」で振り返ろう

 

「朝活手帳」の著者 池田千恵さんの連載「朝ノートで作る!マイストーリーの育て方」では、朝時間を活用して人生を変えた池田さんに朝時間×ノートの使い方、考え方をご紹介いただきます。ノートを用意して、一緒に朝ノート習慣をはじめませんか?

第11回:「やりきり体質」になるために朝ノートを活用しよう(後編)

おはようございます!朝イチ業務改革コンサルタントの池田千恵です。この連載では、朝時間でノートに自分の過去(自分が紡いできた物語)や未来(これから紡ぐ物語)を描くことで、小さいころからの夢やワクワク、興味の向かう先を思いだし、未来の夢につながる「道しるべ」を見つける方法を紹介します。

前回の記事では、月末に「やりきった!」と実感するために、朝ノートや手帳を月の中旬に振り返る習慣を提案しました。今日は、具体的にどのように振り返ればよいかを紹介します。

振り返る項目は「定点観測」しよう

ノートを書く女性

メモをなんとなく眺めるだけでは今後「何を、どうするか」は分かりにくく、前に進んでいるのかそうでないかの判断もつきにくいもの。振り返る以前に、定期的に振り返っておきたい項目(ジャンル)を、あらかじめ決めておくことが大切です。

振り返る項目を決めておき「定点観測」することで、前に比べてどうだったか?これからどうして行けばいいのか?が見えるようになります。

ちなみに私がプロデュースする朝活手帳の「今月の振り返りシート」で定点観測できる項目は次のようなものです。

  • 連絡したい人/今後進めたいプロジェクト/将来やりたいこと/提出する課題/読みたい本・資料/その他
  • 今月のふりかえりメモ(フリースペース)
  • 来月以降の未来予想メモ(フリースペース)

私の場合は上の画像のように、真ん中に線を引き、左側を「中間振り返り」スペース、右側を「月末振り返り」スペースにしています。

自分が大事にしていることを定点観測してみよう

この「中間振り返り」法を教えてくれた戸田直美さんは、上記のように左ページを月末、右ページを中間として、以下の項目について振り返っているそうです。

  • 健康
  • 就活
  • お金
  • 環境(自分をごきげんにするもの)
  • コーディネート(人・事・物をおつなぎ)
  • 語学
  • 習慣
    + 3大ニュース

さらに、中間振り返りをする時のペンの色は紫、月末はピンク、などと色分けすることで、視認性をアップさせることができます。

***

定点観測の項目を選ぶことは、自分にとって大切なことが何か?を問う機会にもなりますよ。

月末に「やりきった!」とスッキリしたい方は、ぜひお試しくださいね!

☆本連載は毎月1日・2日の公開です。

☆前編 「やりきった!と思える1ヶ月になる。『中間振り返り』朝ノート活用法」 >> https://asajikan.jp/article/191392

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝ノートで作る!マイストーリーの育て方

Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング