簡単でおいしいご飯のお供!お手軽「レンジなめたけ」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

忙しかったり暑かったり…台所に立つのが大変な朝に助かるのが「レンジ調理」ですよね。今日は具材+調味料をレンジにかけるだけで完成する、お手軽常備菜「なめたけ」のレシピをご紹介します。

今週のセルフケア食材「えのき」

えのきの効能

  • 水分代謝の促進
  • お通じ改善

えのき

えのきは「痰(たん)」を流してくれます。薬膳の大元である中医学(中国の伝統医学)では、体の中に残留した余分な水分すべてをまとめて「痰」と呼びますが、この痰が過剰に残ってしまうと、下半身の冷え、めまい、口の粘着き、痰、むくみなど様々な症状に表れることがあります。えのきは、体内の水分の流れを整え、余分な痰を代謝する効果があります。

またえのきは大腸の流れをスムーズにしてくれるので、お通じ改善にもおすすめです。

簡単でおいしいご飯のお供!お手軽「レンジなめたけ」

材料(作りやすい分量)

  • えのき 1袋(200g)
  • (A)しょうゆ、みりん 各大さじ1
  • (A)酒、砂糖 各大さじ1/2
  • (A)しょうが(すりおろし) 小さじ1
  • (A)酢 小さじ1/2

作り方

1) えのきは石づきを落とし長さを3等分に切り、ほぐす。(A)を合わせる。

2) 耐熱の容器にえのきを入れて(A)をかけてさっと混ぜる。蓋をせずに600Wのレンジで2分加熱する。全体を混ぜ、追加で1分半加熱する。

ご飯にも麺にも合う!お手軽常備菜「レンジなめたけ」

ポイント

  • 蓋をせずに加熱すること。酒やみりんのアルコールがとばせます
  • ご飯にそのままのせるのはもちろん、納豆や生卵と一緒にのせてボリュームアップするのもおすすめです

豆腐や麺類にのせてもおいしいですよ。いろいろなアレンジを楽しんでください!

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング