日焼けダメージから肌を守る!夏の「リセットスキンケア」術♪

 

ちょっとした外出でも、紫外線による日焼けや乾燥、くすみ、シワが気になる季節。野外にいる時間が長かったり、通勤で汗をかいたりすると「朝ちゃんとUVクリームを塗っているのに焼けちゃう…」なんてこともありますよね。

今日は、そんな日焼けによるダメージをリセットし、肌を守る、夏の帰宅後におすすめのデイリースキンケア方法を教えします。

エステティシャンおすすめ。日焼けから肌を守る夏のスキンケア法

紫外線を浴びると、肌表面がダメージを受けるだけでなく、肌の内部まで到達してあらゆる肌トラブルを招きます。肌が赤くなったり、乾燥やくすみが目立つだけでなく、コラーゲンを破壊したり、シミの元になるメラニンを増やしたり、紫外線はさまざまな肌ダメージの原因になります。

紫外線量の多い春夏は特に、日々のスキンケアで、紫外線によるダメージを溜め込まないよう、リセットすることが大切です。

【1】クレンジング、洗顔で汚れを落とす

クレンジング、洗顔で汚れを落とす

帰宅したらまず、メイクや日焼け止め、汗、皮脂汚れを、クレンジングと洗顔で落としましょう。

クレンジングはたっぷりめに手に取り、優しくなじませながら汚れを浮かせるように洗います。また、洗顔料はしっかり泡立てて、泡をつぶさないように優しく転がすように洗います。

【2】冷タオルで肌表面の熱をとる

冷やしタオル

ボウルに氷水を用意し、フェイスタオルをひたして冷やしたら、よく絞って顔にのせ、肌表面の熱をとります。タオルが冷たくなくなったら、また洗面器に戻して冷やし直しながら何度か繰り返し、肌のほてりを落ちつかせましょう。

日焼けをした後は、乾燥や皮めくれ、赤みを素早く落ちつかせるためにも、肌表面の熱をとり、冷ますことがポイントです。

【3】化粧水、シートマスクでたっぷり水分を与える

次に、コットンに化粧水をたっぷり含ませて、優しくなじませるように肌に浸透させます。

その間に、洗面器の氷水で、シートマスクを冷やしておきましょう。

シートマスクを冷やす

日焼け直後など、肌にほてりや赤みがあり、乾燥している時は、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが入った保湿力のある化粧水やシートマスクを選びましょう。

また、赤みや乾燥はないけれど、後から現れるかもしれないシミやくすみ予防をしたい、という場合は、ビタミンC誘導体やアルブチン入りなど、美白力のある化粧水やシートマスクがおすすめです。

【4】乳液、クリームで整える

乳液、クリームで整える

最後に、お肌の水分を逃さないように乳液を塗り、数回に分けてクリームを重ねてお肌を整えましょう。

***

この4ステップで日々お肌をリセットすることで、紫外線ダメージからおこる肌トラブルを防ぐ効果が期待できます。

ちなみに、室内にいても、ガラス窓を通して紫外線は入ってきます。紫外線量の多いシーズンは、「ずっと家の中にいるし、肌は赤くないし、大丈夫!」と思わず、日々のリセットスキンケアを積み重ねて、肌トラブルを防ぎましょう。

☆この連載は<木曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

キレイに自信がつく♪朝の自分磨きレッスン

美容家さんに教わる♪朝のおすすめコスメ&美容レッスン
Written by

美容家 寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目エステサロン private salon Laule’a代表。
自身の悩みから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。サロンワークのほか、美容ライターや講師、美容家として幅広く活動中。

ホームページ:https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa
blog:https://ameblo.jp/aymxx29/
Instagram:@laulea.beauty

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング