食パン+トースターでお手軽!「バスクチーズケーキ風トースト」

 

おはようございます、パン・料理家の池田愛実です。湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」を主宰しています。

昨年から人気がぐっと高まり、コンビニでも見かけるようになった「バスクチーズケーキ」。表面の焼き色と、ふるふるとしたチーズフィリングの食感が特徴のスイーツです。

今日は、そのバスクチーズケーキの生地を、タルトみたいにくぼませた食パンにのせて焼く「バスクチーズケーキ風トースト」をご紹介します!

クリームチーズさえあれば、あとは意外と身近な材料を使って手軽に作れます。1枚でボリュームがあるので、半量で作って2人で分けてもOK◎

冷やして食べると、よりバスクチーズケーキ感がアップしますよ!前日に作って冷蔵庫に入れておくのもお薦め。

朝から幸せな気分になる、ふるふる食感のバスクチーズケーキトースト。ぜひお試しください。

食パン+トースターでお手軽!「バスクチーズケーキ風トースト」

材料:2枚分 調理時間:20分

  • 食パン(4枚切り)…2枚
  • クリームチーズ…90g
  • 砂糖…40g
  • 牛乳…40g
  • 卵…1個

作り方:

1) 耐熱ボウルにクリームチーズを入れて、電子レンジ500wに10秒かけて柔らかくする。砂糖、卵、牛乳を順に加え、その都度よくホイッパーで混ぜる。500wで30秒加熱しておく。(この後の火通りがスムーズになります)

2) 食パンのふちを残して、底まで切らないよう気をつけながら、包丁で切り込みを入れる(パン切り包丁がおすすめ)。切り込みの内側を指でぎゅっと押して、下の写真のようにぺたんこにする。(しっかり窪ませないと卵液を注いだ時溢れてしまうので注意)

3) 食パンを耐熱トレーにのせ、切り込みの内側に(2)を注ぐ。

4) トースターの中火(180℃)で約15分、表面全体がしっかり固まるまで焼く。

途中焦げそうになったら、アルミホイルを被せたり温度を調整して加熱してくださいね。

 

初心者さんでもOK!池田愛実さんの新刊『こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ』

こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ

6月17日発売!

池田愛実『こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ

「こねないパン」が得意なパン・料理家の池田愛実さんの初めての著書が6月17日に発売されました♪基本のフォカッチャや、ピザ、スイーツフォカッチャなどのアレンジまで、たくさんのおいしそうなフォカッチャのレシピが丁寧に説明された一冊。書店、Amazon.co.jpでも販売中です!

★最新情報はインスタグラムで更新しています→池田愛実Instagram @crumb.pain

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝においしい!手作りパン&アレンジレシピ

湘南・辻堂のフランスパン教室から届く、手作りパンやアレンジレシピ♪
Written by

パン・料理家 池田愛実

パン・料理家

湘南・辻堂でフランスパン教室「crumb-クラム」主宰。ルコルドンブルーを卒業後、同校のアシスタントを務める。26歳の時に渡仏。MOFのパン屋2軒で働きながら経験を積む。「捏ねないフランスパンレシピ」や国産小麦・自家製酵母を使ったレシピを開発している。著書『こねずにできる ふんわりもちもちフォカッチャ』。
blog :http://crumb.blog.jp
Instagram :@crumb.pain
ホームページ:https://ikeda-manami.wixsite.com/home
You Tube:パン教室Crumb-クラム

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング