パサパサ、ツヤがない…おうちでできる「ツヤ髪復活!」ヘアケア術♪

 

ヘアアイロンの熱やカラー剤によるダメージ、または乾燥などにより、パサついたり、ツヤがない状態になりがちな髪の毛。できることなら、いつも美容院帰りのようなサラサラで、ツヤやまとまり感のある髪をキープしたいですよね。

今日は、サロンに行かずともおうちできる「ツヤ髪復活」ヘアケア法をご紹介します。

【1】シャンプー前の2ステップを欠かさずに!

1. ブラッシング

シャンプーの前にブラッシングで、髪の毛に付着した汚れや毛先の絡まりをほほぐしておくと、シャンプーがなじみやすくなります。

1) 頭を下におろし、ヘアブラシで首の後ろからおでこの生え際に向かって5回ブラッシングします。

2) 頭を横に倒し、右耳の上から左耳に向かってブラッシング、逆側も同じように左耳から右耳に向かって各5回ブラッシングします。

3) 頭頂部から毛先に向かって毛先の絡まりをほぐしましょう。

ブラッシング

2. ぬるま湯で頭皮、髪をぬらす

頭皮や髪の汚れをぬるま湯で洗い流し、髪をしっかりとぬらします。その後、シャンプーを手に取り、泡立てながら頭皮と髪の汚れを浮かせましょう。シャンプー後は洗い残しのないようにていねいに洗い流します。

【2】トリートメントはコンディションに合わせて使い分け

シャンプー後におこなうヘアケアアイテムには、コンディショナー(リンス)、トリートメント、ヘアパックがあります。

トリートメント

スキンケアに例えると

  • ヘアパック=週に一度や月に数回などの集中パック
  • トリートメント=デイリータイプの美容液
  • コンディショナー=デイリータイプのクリーム

のようなイメージです。

使い方や取り入れるタイミングは

  • スペシャルケア=シャンプー→ヘアパック→コンディショナー
  • デイリーケア=シャンプー→トリートメント、コンディショナー
  • デイリーケア=シャンプー→コンディショナー

の順です。

髪の表面や内側の水分や油分が減り、さらに乾燥やダメージによって、髪のパサつきや指通りの悪さ、毛先がまとまりにくいと感じたときは、スペシャルケアを取り入れましょう。

トリートメント

シャンプーの後、デイリー使いならトリートメント、週に一度の集中ケアならヘアパックを、髪の中心から毛先に向かってミルフィーユのように重ねてしっかりなじませ、5〜10分ほど置きましょう。

トリートメント

トリートメントもしくはヘアパックを流したあと、コンディショナーを浸透させて5〜10分ほど置き、洗い流します。このケアで、水分や油分が不足している髪に、うるおいが復活します。

【3】ヘアオイル+ドライヤーでアウトバスケア

ヘアオイル

お風呂から上がって、頭皮や髪をタオルドライする時は、ゴシゴシ摩擦をするように拭かないようにしましょう。乾燥や髪が痛む原因になります。

タオルで髪を優しくはさみ、水分を吸収させるようにしたり、ターバン巻きにして水分を吸収しましょう。

ドライヤーで髪を乾かす際は、水分と油分を逃がさないために、ヘアオイルやヘアセラムを毛先に浸透させてから、頭皮から毛先に向かって風を当てて乾かしましょう。

乾かしながら、ブラシやコームで毛の流れを整えるとより効果的です。

ヘアケア後

今までなんとなくヘアケアアイテムを選んで、なんとなく使っていた…なんて方も多いのでは?

シャンプー前のひと手間からトリートメントまで。髪のスキンケアをするように、それぞれのアイテムの特徴にあった使い方をするだけで、髪のうるおいやツヤが復活し、サラサラでまとまり感のある髪になります。

普段ちゃんとケアしているつもりなのに、髪が傷みがち…という方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

キレイに自信がつく♪朝の自分磨きレッスン

美容家さんに教わる♪朝のおすすめコスメ&美容レッスン
Written by

美容家 寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目エステサロン private salon Laule’a代表。
自身の悩みから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。サロンワークのほか、美容ライターや講師、美容家として幅広く活動中。

ホームページ:https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa
blog:http://www.beautylaulea.com
Instagram:@laulea.beauty

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング