原因は姿勢の悪さかも!?たるんだ下腹を引き締める「レッグレイズ腹筋」

 

あなたらしく美しいカラダをつくる、ピラティストレーナーTOMOKOです。『朝のポジティブボディーメイク Vol.109ご覧いただきありがとうございます。

今週のメッセージ

見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい
- マハトマ・ガンジー(インド独立の父)-

直訳しているので日本語が解りにくいですが、ニュアンスは伝わりますよね!今日も心にSmileを^ ^

食べ過ぎだけじゃない!ポッコリお腹を招く「悪姿勢」

ふとした瞬間に、自分のたるんだウエスト、ぽっこり下腹に気がつくと、ガッカリしますよね。その時は「何とかしなくちゃ」と思っても、いつも通り食べてしまい、「食べたから運動しよう」と思うのに、気がつけば寝てしまう…こんな「ダイエットあるある」、身に覚えがある方が多いのではないでしょうか!

ところで、食べ過ぎはもちろんぽっこりお腹の原因になりますが、実は、「姿勢の悪さ」もメタボお腹になる原因なんです。ご存じでしたか?特に最近は、リモートワークによって猫背や前肩、骨盤の後傾による丸い背中など、姿勢の悩みを抱えている方も多いと思います。

姿勢が悪くなっている時は、たいてい腹筋を使っていないことが多いので、自分の姿勢を今一度リセットするためにも、ザ・腹筋にチャレンジしましょう!動画でもご紹介します♪

原因は食べ過ぎだけじゃない!?悪姿勢でたるんだ下腹に効く「レッグレイズ腹筋」

1. 両膝を上に伸ばして、割り箸のようピタッと揃える

原因は食べ過ぎだけじゃない!?悪姿勢でたるんだ下腹に効く「レッグレイズ腹筋」

2. 息を吐きながら、両足を揃えたまま斜めに下ろす

原因は食べ過ぎだけじゃない!?悪姿勢でたるんだ下腹に効く「レッグレイズ腹筋」

3. 息を吸いながら、上げる

4. この(1)~(3)の動きを10セット行う

ポイント

  • 時間帯:朝、昼、夕に10回1セットずつ
  • 回数:10回で1セットを目標にして、5回のセットを2回のチャレンジからはじめてみてください
  • 注意:膝はできる範囲で伸ばせばOK!

今日のレッグレイズ腹筋は、腹直筋や腸腰筋という、姿勢や下腹に効く腹筋です。姿勢が悪いかもと気になった方は、是非続けてみてくださいね^ ^

動画はこちら

こちらのエクササイズ動画をYoutubeでもご紹介しています。(https://youtu.be/4AoDhi4vuBA)ぜひご覧ください♪

いつも穏やかに、あなたらしく健やかな毎日を過ごせますよう。Aloha nui loa <ピラティストレーナー TOMOKO/トモコ>

※撮影:あなたらしく美しい体へ|アライントモコピラティス代々木公園

☆この連載は<毎週月曜日>(第4月曜日を除く)に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

ピラティストレーナーTOMOKOの「朝のポジティブ・ボディーメイク♪」

あなたの一番キレイを引き出す♪朝のダイエット&ボディーメイク
Written by

ピラティストレーナー TOMOKO

STOTT PILATESR Full Certification Instructor. 交通事故によるリハビリ中にピラティスを知る。2006年ピラティススタジオ開設。書籍やテレビ番組の監修をはじめ、J-Waveレギュラー、産婦人科医院での指導など多方面から専門家としての信頼も厚い。2017年よりハワイ提携スタジオを第2の拠点とし、東京とハワイでピラティス指導を行い、自分を大切にすること、チャレンジすることの大切さを多方面から伝えている。

◆アライントモコピラティス 代々木公園:http://align.jp/
◆Youtube 動画チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCTPhJ_dblL2gy16rMrPr68A
◆Amebaブログ:http://ameblo.jp/tomoko-align
◆Instagram:@tomolovepilates

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング