片手でたっぷり野菜が食べられる!簡単「ポケットサラダパン」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

今日は、野菜が一度にたくさんとれる、ボリューミーなサンドイッチをご紹介します。忙しい朝にもワンハンド(片手)でぱっと食べられ、そのまま包めばお弁当にも◎

ボリュームはありますが、さっぱりした味わいのサラダサンドなので、食欲があまり出ない朝にもおすすめです♪

今週のセルフケア食材「キャベツ」

キャベツ

キャベツは、消化を助ける食材です。消化が弱まっている人の特徴は、食後に強い眠気に襲われる、疲れやすい、重だるい、消化不良、むくみやすい、いくら食べても太れない、など。

消化器が弱ると、栄養素の豊富な食生活を心がけても、食べたあとに運ぶ力が不足しているので、食材の力を十分に発揮できない場合があります。なので、健康に暮らすためには、常に消化器官をケアするのが大切。キャベツは、消化を助けるために、意識的にとりいれるようにしましょう。

とんかつなど消化に時間がかかる重めの揚げ物に、千切りキャベツが添えられることが多いのは、実はとても理にかなっているんですよ♪

片手でたっぷり野菜が食べられる!簡単「ポケットサラダパン」

片手でたっぷり野菜が食べられる!簡単「ポケットサラダパン」

材料(2切れ分)

  • 食パン(4枚切り) 1枚
  • キャベツ 大きめの葉 1~2枚
  • きゅうり 1/4本
  • ハム 1枚
  • ゆで卵 1個
  • 粒マスタード 小さじ2
  • オリーブ油 小さじ1
  • 塩 ふたつまみ
  • 粗びき黒こしょう 適量

作り方

1. パンは半分に切り、淵を残しながら断面に切り込みを入れてポケットを作る。

2. キャベツときゅうりは千切りにしてから塩もみし、5分置いて水気をしっかり絞る。ハムは半分に切り、細切りにする。

3. ボウルに(2)、粒マスタード、オリーブ油を加えてよく混ぜる。ゆで卵を指で崩しながら入れてさっと混ぜる。粗びき黒こしょうで味を調え、パンに詰める。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram:@nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング