レンジにおまかせ!時短カンタン「バナナのパンプティング」

 

おはようございます!料理家・国際中医薬膳師の齋藤菜々子です。

前回の記事(台湾の定番朝ごはん「鹹豆漿(シェントウジャン)」)はいかがでしたか?注ぐだけで簡単に出来、これからすすむ乾燥の時期にもぴったりなので、ぜひお試しくださいね。

さて今日は、レンジで簡単にできる「バナナのパンプティング」をご紹介します。漬け込み時間ゼロ。レンジで完成なので洗い物も少なく済みます。朝の忙しい時やおやつにぴったりの一品です。

薬膳的セルフケアポイント「バナナ」

今回はパンプティングのトッピングにバナナを使います。実はバナナは、今の時期の体にぴったりの食材。

バナナ

バナナの効能

  • 熱を冷ます
  • 肺を潤わせ、便通をよくする

暑い日と、秋の訪れを感じる日が行ったり来たりする今の時期は、体にも「熱と乾燥」が同居しやすくなります。起きた時ののどの痛みや、少し便秘気味になっている方もいるのではないでしょうか。

それは秋の訪れとともに空気の乾燥がはじまっているから。そんなときはバナナを美味しく食べて、夏のほてりを取りつつ乾燥対策をしましょう!

レンジにおまかせ!時短カンタン「バナナのパンプティング」

レンジだけで完成!時短カンタン「バナナのパンプティング」

材料(1人分)

  • 食パン(4枚切り) 1枚
  • バナナ 1/2本
  • (A)牛乳 180ml
  • (A)卵 1個
  • (A)砂糖 大さじ1
  • (A)バニラエッセンス 3滴(あれば)
  • 好みのジャム 適量
  • 粉糖、ミント お好みで

作り方

1) 耐熱の容器にパンを6等分にちぎって入れる。バナナを7~8ミリ幅に切る。

ちぎった食パン

2) (A)を良く混ぜ、(1)に流し込み、パンをひっくり返して全体に染み込ませる。バナナをトッピングし、好みのジャムを散らす。(今回はブルーベリーを使いました)

レンジだけで完成!時短カンタン「バナナのパンプティング」

3) ふんわりとラップをし、500wのレンジで約5分加熱する。好みで粉糖を振り、ミントを散らす。

フレンチトーストのような味わいを楽しめるパンプディング。

パンに卵液を染みこませる時間がいらなく、焼くためのフライパンも使わないので、実はフレンチトーストよりも簡単なんですよ。ぜひお試しくださいね。

◎Instagramにて薬膳や料理教室について発信中です。

齋藤菜々子 Instagram: @nanako.yakuzen

☆この連載は【毎週月曜日】に更新します。次回もお楽しみに。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

働く女子の簡単セルフケア朝ごはん

薬膳に詳しい料理家さんに教わる、忙しい朝でもできる「セルフケア」朝ごはんレシピ♪
Written by

料理家 齋藤菜々子

料理家・国際中医薬膳師

IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。アシスタントの傍ら、日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。
「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。

Instagram:@nanako.yakuzen

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝ごはんの人気ランキング